【懐かしいゲーム特集】「シムアース」(スーパーファミコン版)

写真拡大

天地創造(画像:amazon.co.jpより)
©イマジニア


「シムアース」は1991年にイマニジア株式会社からリリースされたシミュレーションゲームです(元々はアメリカのパソコンゲームです)。

プレイヤーは神様になり惑星を育てるという設定のもと、地殻変動、雨や海流の調整、太陽光等を上手くコントロールして生物の誕生と進化を目指すゲームです。

何十億年もそのような行為を繰り返して百億年経過すると太陽が寿命を迎え、全てが燃やされてしまいます。それは地球滅亡のとき、我々の地球もいずれそうなるのでしょうか?

ちなみにジェームズ・ラブロック先生の「ガイア理論」によると地球全体を一つの生命体と捉え、「ガイア理論」の環境学的な見解を取り入れた作品が「シムアース」なのです。

「シムアース」で理科や科学の成績が良くなるかもしれませんね!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
シムアース

■関連記事
最新作で寄付!ミラ・ジョヴォヴィッチら出演『三銃士』
【訃報】元メジャーリーガー伊良部秀輝さん
【ニコニコ動画】アニメ「チャージマン研!」白い幽霊の謎が解明される!
【アニメ】「ロウきゅーぶ!」第5話は女子小学生と合宿な展開(ネタばれ注意)
【アニメ】「NO.6」第4話は一通の手紙な展開!(ネタばれ注意)