いつの間にか『チップスター』の袋が簡易デザインに → いつの間にか元に戻った

写真拡大

ナビスコの人気商品『チップスター』といえば、筒状の容器に入っている美味しいスナックですよね。筒状の容器の中には袋に入ったお菓子が入っているのですが、その袋がいつの間にか簡易デザインになっていたらしいのです。

しかも、いつの間にか元のデザインに戻っていたのでした。これはナビスコが公式サイトで発表している情報で、東日本大震災の影響で一部の原材料が不足し、袋のデザインの変更をしていたそうです。

いつもは赤いデザインにお菓子の写真がプリントされた袋を使用していましたが、一時的に銀色のシンプルな袋になりました。その後、原材料の供給が元に戻ったため、いつもの赤い袋に戻したそうです。こういうところにも、震災の影響が出ていたんですね。

対象商品は『チップスター』のLサイズとSサイズ、うすしお味、コンソメ味、のりしお味とのこと。ついつい食べたくなる『チップスター』。あなたの買った『チップスター』の中身の袋は、簡易デザインでしょうか? それとも元通りの赤いデザインでしょうか?

画像: チップスター公式サイト

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。


■関連記事
映画館にひとりも観客が来なかったら上映するの? 映画館に聞いてみた
『けいおん!』作者のフリをしてTwitterをしている人がいる
ブルーレイだからって1枚にたくさん映像を詰め込むのは考えもの
大型トラックに追突されたけどシートベルトのおかげで助かった人
『メルルのアトリエ』レーティング取り消しに対する開発関係者の声