犯罪都市、新宿を守るオジサン

写真拡大


今日のローテク看板は、なんと、人の役に立ちます。
目立てばオッケーというのが、
唯一のルールと思われていたローテク看板。
商品の宣伝という目的から大きくズレ、
おかしな工夫で、道行く人の視線を集めている
ローテク看板のなかにも、
きちんと社会貢献をしている、
優等生タイプを発見しました。




このローテク看板は、
車線が減少していることを
われわれに教えてくれます。






発見日時は、
犯罪都市・新宿の深夜0時頃でした。
深夜遅くにもかかわらず 
キケンな町の雑踏で、
このオジサンは笑顔のまま手を振っています。

近くの工事現場では、
だるそうなオジサン(人間)がローテク看板よりも
もっとローな雰囲気で、手を振っていました。


※ローテク看板情報集めてます!!
あなたの町に素敵なローテク看板ありませんか?
発見したらコチラまで。






■関連記事
都会のローカル線と歴史の痕跡を巡って生麦の温泉銭湯にたどり着く。 横浜市鶴見区界隈
『みちくさ学会の発表会』 第二回の開催決定!
あなたのトマソン見せて下さい
いよいよ看板建築のカンバンを凝視してみる
2時間43分で自由研究を終わらせる方法〜旧町名編〜