人気バラエティ番組『戦国鍋TV』が再び舞台化 今回は忠臣蔵だ!

写真拡大




テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉ほかで放送されている、なんとなく歴史が学べるバラエティ番組『戦国鍋TV』の舞台化第二弾が、12月に人形町にある明治座で上演される事となり、その配役が発表された。今年1月に舞台化された第一弾『新春・戦国鍋祭』では連日満員の大ヒットだった事から、公演チケットはすぐ完売になる事が予想される。

『戦国鍋TV』は、戦国武将に扮した若手俳優たちが、様々なパロディーを交えながら繰り広げる戦国時代を何となく学べるバラエティー番組。「楽しみながら歴史が学べる」をコンセプトとしている。今年の1月に舞台化第一弾『新春・戦国鍋祭』が池袋のサンシャイン劇場と梅田のシアター・ドラマシティーで上演された。舞台は連日超満員となり、当日券を求め徹夜組含め約300人のファンがキャンセル待ちをするなど大ヒットとなった。また、ファンらの熱烈な再演希望依頼により、今年5月に舞台化映像を劇場公開した。さらには新作上演希望も殺到したことから、12月に第二弾『大江戸鍋祭〜あんまり近づきすぎると討たれちゃうよ〜』を上演する事になった。

『大江戸鍋祭〜あんまり近づきすぎると討たれちゃうよ〜』は1部に芝居『最後の最後に忠臣蔵』、2部には『松の廊下走り隊ON STAGE』が行われる。公演日は12月23日から26日まで人形町・明治座で、また大晦日に大阪でカウントダウン公演が行われる事が決まっている。気になる配役は以下のようになっている。

柳沢吉保役:三上真史
浅野内匠頭役:矢崎広
徳川綱吉役:村井良大
毛利小平太役:中村龍介
不破正種役:小林且弥
寺坂吉衛門役:滝口幸広
片岡源吾役:大山真志
萱野三平役:白又敦
大石主税役:丸山隼
岡野金右衛門役:井深克彦
武林唯七役:二瓶拓也
浅野大学役:五十嵐麻朝
矢頭右衛門役:井澤勇貴
間光興役:上村龍之介
直陰役:平田裕一郎
高田郡兵衛役:寿里
上杉綱憲役:長倉正明
清水一学役:小谷昌太郎
小林平八郎役:佐藤貴史
東山天皇役:小林健一
吉良上野介役:岩大
堀部安兵衛役:兼崎健太郎
近松門左衛門役:石井智也
町医者役:山崎樹範(Wキャスト予定)
大石内蔵助役:大和田獏

まだまだ止まることの知らない『戦国鍋』ブーム! チケットの発売日など、気になる今後の展開は公式HPをチェックしよう。

■関連記事
ブルーレイだからって1枚にたくさん映像を詰め込むのは考えもの
Android用Gmailがバージョン2.3.5にアップデート
トランスフォーマーと人類が戦ったらどうなるか?テレンス・リーに聞いてみた
ムスリムの人たち
“おくだけ充電”対応のAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE f SH-13C』が8月6日に発売へ