エストネーションとエドウィンがコラボ デニムの新ライン登場

写真拡大

 「ESTNATION(エストネーション)」が「EDWIN(エドウィン)」との新しいデニムライン「Weft & Warp by EDWIN」を発表した。「ESTNATION」のオープン10周年目と「EDWIN」に創業50年を迎える2011年を記念して誕生したコラボラインは、8月15日に発売予定。

エドウィンがエスとネーションとコラボの画像をもっと見る

 「Weft & Warp by EDWIN」は、2007年にEDWINが発表した最高級ライン「Vingate Collection」をベースに製作。選ばれた3人のスペシャリストが最終工程にいたるまで携わるというハイエンド・デニムは、すべてが完全手作業によるもの。1日にわずか10本程度しか織ることの出来ない最も古いシャトル織機を用いているのも特徴で製作の過程でもヴィンテージ仕様を取り入れている。

 展開はデニム5型、ワークパンツ1型、Gジャン2型の計7型を予定。国内では一切使用していないオレンジセルビッチを使用しコインポケットにはオレンジステッチを採用。内側にはFabric(生地生産工場名)、Sewing(縫製工場名)、Washing(加工担当者名)、Designer(デザイン監修者名)のそれぞれの署名が入ったネームが縫い付けられており、最高級モデルの証でもあるゴートレザーパッチに金でブランドネームを箔押しするなど細部にまでエクスクルーシブな仕様となっている。