『ニンテンドー3DS』の緊急値下げを知らない中古ゲームショップに高額で売りつける人が出現

写真拡大

2011年8月11日から緊急値下げされることが発表された『ニンテンドー3DS』。今までの定価は25000円だが、8月11日からは15000円が定価となる。あまりにも緊急に発表されたため、この情報を知らない人も多くいるようだ。

そんな情報伝達のスピードを利用して、まだ値下げされたことを知らない中古ゲームショップに『ニンテンドー3DS』を売り、その差額を手に入れようとしている人がいるらしい。実際にやった人がいるようで、インターネット上には「今うってきたら1万5千円以上値が付いた。まだ知らない店もあるみたいだなあ」という書き込みがあった。

知らない人を騙しているようであまり気分のいい行為ではないが、この緊急値下げの情報は多くの小売店に伝えられているはずで、すでに知っているお店がほとんどだと思われる。しかし、中古ゲームしか扱わないゲームショップは新品を仕入れるルートとつながりがないため、緊急値下げの情報が入っていないお店もあると思われる。

インターネット上には「今17000円ぐらいで買うのが勝ち組じゃね? 7月一杯までならエキサイトバイク付くしゼルダのサントラにもギリギリ間に合うし。今回の特典ももらえるし」や「中古屋行って8月から値下げですよって教えてあげたい。中古が1まんくらいにならんかな」、「8月10日までに中古を15000以下でゲットしたら勝利だな」という声もあったが、あなたはすでに「購入してしまった組」だろうか?

値下げ前の『ニンテンドー3DS』を25000円で購入してしまった人には無料配信のゲームソフトがもらえるため、それらの無料配信ゲームがほしい人は値下げ前に『ニンテンドー3DS』を購入する必要がある。安い価格で値下げ前の『ニンテンドー3DS』を手に入れることができれば、無料ゲームも遊べるし、かなりお得といえるだろう。場合によっては、値下げ後の15000円で買うよりもお得かもしれない。

写真: RocketNews24.

■関連記事