アスワン(株)では、「時代にとらわれない、良質なクオリティー」をコンセプトに、デザイン、そして機能にこだわったオーダーカーテン見本帳「オーセンスedit.6」を8月1日(月)に発行、同時に収録商品を新発売する。総アイテム数は271柄492アイテム。

「オーセンス」シリーズのメインとなるのが正統派クラシックテイストの「ミュルーズ染織美術館コレクション」。新作では美術館創設の原点である捺染に回帰、シンプルモダン、ナチュラルが全盛の昨今、あえてヴィンテージ感のあるローズデザインやカシミールのペイズリーパターンなどを織物とプリントで表現した(33柄51アイテム)。また薄地の品揃えを大幅に増強したのも特徴で、デザイナーズシリーズ「トランスパラン」(26柄27アイテム)に、新デザイナーとしてドイツ人デザイナー「イリス・マシック」を追加、刺繍レースシリーズ「エンブロイダリー」(20柄25アイテム)では、マクラメ刺繍を施したゴージャスなものからミラーカーテン、UVカットなど幅広い商品群を取り揃えた。今回の「オーセンス」でもっとも興味深い試みが、カーテンによる省エネライフの提案だ。同社ではカーテンが本来持っている保温性に着目、すべてのドレープ商品に対して、保温性を4ランクに分類・表示した。また商品についても生地の裏側にパールマイカ加工をトップ層に、アクリル樹脂コーティングを3層加工した断熱カーテン「ルピタ」をラインナップ、さらに現在注目度の高い遮熱カーテンでは、銀ラメを編み込むことで遮熱効果を高めた「ジャンヌ」という面白い商品も収録された。「ジャンヌ」は赤外線遮蔽率74.6%という高い遮蔽効果で、環境省が推進する「ETVマーク(環境技術実証事業)」を取得、かつ経済産業省の節電アクション「COOLBIZ TECH」事業協力商品としても認められた商品となっている。
この他、インフルエンザウイルス対策カーテン(122柄215アイテム)、花粉対策カーテン(8柄8アイテム)、遮音・吸音カーテン(2柄5アイテム)など、さまざまなニーズに対応する機能カーテンも充実させた。