ニンテンドー3DSを1万円値下げ、年末商戦に向け「普及に勢いをつけるため」。

写真拡大

任天堂は7月28日、ニンテンドー3DSを8月11日から値下げすると発表した。新価格は15,000円で、従来よりも1万円の大幅値下げとなる。発売からわずか半年での大幅値下げは異例。

今回の値下げについて同社は「これから対応ソフトが充実してまいります年末商戦に向け、ニンテンドー3DSの普及に勢いをつけるため、上記のとおり値下げを実行することにいたしました」としている。

海外についても値下げ幅や時期は異なるが、7月から9月の間に実施する予定。なお、「スーパーマリオ3Dランド」を11月に、「マリオカート7」を12月に発売することも併せて発表された。


また、すでにニンテンドー3DSを購入したユーザーに向けて、岩田聡社長からのメッセージも公開。ハードの価格をこれほど早く、大幅に値下げしたことは「任天堂の歴史にはありませんでした」とした上で、「このことは、いちばん最初にニンテンドー3DSを応援してくださったみなさまからのご信頼を損ない、ご批判を受けかねないことだと痛感しております」としている。

しかし、それでも値下げを断行したのは「ニンテンドー3DSの発売前と、現時点で大きく状況が変わり、今思い切った手を打たなければ、多くのお客様にニンテンドー3DSを楽しんでいただく未来がつくりだせない可能性が高まったと判断」したため。当然、すでに購入しているユーザーからは「早く買って損をした」という気持ちが芽生えることになるが、こうしたユーザーに向けて「ニンテンドー3DS アンバサダー・プログラム」を用意するという。

このプログラムは8月10日までに購入したユーザーを対象にしたもので、ファミコン・バーチャルコンソールタイトル10作品とゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソールタイトル10作品を無償配信する。

配信タイトルの一例は次のとおり。

○ファミコン・バーチャルコンソール(9月1日〜)
スーパーマリオブラザーズ
ドンキーコングJR.
バルーンファイト
アイスクライマー
ゼルダの伝説
他5タイトル

○ゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソールタイトル(年内)
スーパーマリオアドバンス3
マリオカートアドバンス
メトロイドフュージョン
メイドインワリオ
マリオvs.ドンキーコング
他5タイトル
※アンバサダー・プログラム参加者のみへ配信されるもので、将来的に販売する予定はないとのこと。