110504green01.jpgのサムネール画像「ヒートアイランド現象」という言葉を耳にするようになり、10数年が過ぎようとしています。その間私たちは、夏になると冷たいドリンクをゴクゴク飲み、クーラーの温度を下げるコトばかりに目を向けてしまいました。

結果として地球温暖化は加速の一途。今年の夏も、そうとうな暑さが予想されています。

「いまこそ自然に、暑さを和らげよう!」

そんな活動の一環として、いま“グリーンカーテン”が注目されているのをご存知でしょうか。

じりじりと熱い真夏の日差しには、たとえ簾などで日差しよけをしても表面温度は40℃前後。これでは、あまり効果がありません。

ところが、グリーンカーテンの場合、表面温度は約24℃まで下がり、室内の温度上昇をブロックする役割もはたします。

「一体なぜ?」そう思われる方もいらっしゃるかも知れません。じつは、これこそ自然の持つチカラのひとつ。植物の葉が光を遮るのはもちろんですが、葉の蒸散が作用し、まわりの空気を冷やしてくれるのです。

TO400272pm01.jpg実際に使われる植物には、ゴーヤーやアサガオ・キュウリなどのツル科が一般的です。なかでもゴーヤーは成長も早く葉が大きいので日差しよけに適しています。収穫し、料理などに使えるのも嬉しいですね。早速トライしてみたいという方には、栽培キットがオンラインショップで購入できるみたいですよ。

自然に“ちょっと”ふれあいながら、暑さ対策もできるグリーンカーテン。育て始めるのは、これから5月中旬までがベストシーズンです。「地球にやさしい暮らし」の一環として、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

Photo by gfpeck

[板橋区地球温暖化防止公式サイト(緑のカーテン),グリーンカーテンキット販売サイト]

(丸山佐和子)


■ あわせて読みたい
本命でも義理でも「愛のあるチョコ」を贈ろう! 2/4(土)チョコレート・サミット開催
二酸化炭素の吸収率がもっとも高い花は、あの意外な品種!? エコな花を贈ろう
えっこんなモノが貰えるの!? Twitterを活用した「物々交換」で未来型リユースを!
アウトドアにも使えるグッズで防災対策!震災後ニーズが高まったアイテムべスト3は?
オーガニックコスメの落とし穴!?本当のオーガニックを見分ける裏技
自分を見つめなおす時間を過ごす!夏限定の大人の学校
20軒以上の自然派フード店が集結!エコ&オーガニックなフェスで夏体験
地球でもっとも美しい図鑑! 清川あさみさんの最新刊は必見です