0517newspanaso01.jpgこれから夏場に向けて、節電とともに考えたいのが“節水”。

キッチンでの水仕事や入浴時の節水はもちろんですが、洗濯の節水にも目を向けたいもの。お風呂の残り湯を洗濯に使っているという人も多いでしょうが、1回の洗濯で一体どれくらいの水を使っているのでしょうか?

最近はすすぎが1回で済む“節水洗剤”が続々発売され、洗濯時の省エネ・節水への関心が高まっています。

そんなニーズに応え、5月15日に発売されるのが、Panasonicの節水と節電に配慮した縦型洗濯乾燥機「NA-FR80S5/FR70S5」

今まで、 “ダンシングかくはん水流”と“循環ジェットシャワー”を組みあわせた「エコウォッシュシステム」によって、少ない水でも高い洗浄力を保てる洗濯機を販売してきたPanasonic。

今回は、さらにパワーアップしたそう!

循環ジェットシャワーの洗濯槽回転数を高速・低速の2段階に設定することで、すすぎ水の通過効率を向上させた新エコウォッシュシステムを搭載。8キロ分の洗濯をした際に使う水の量は、従来品(NA-FR80S3)よりも2リットル少ない97リットルに! 毎日の洗濯で節水できるなんて、時間に余裕がない働く女性にも嬉しいですよね。

0517newspanaso02.jpgのサムネール画像

縦型洗濯乾燥機「NA-FR80S5」オープン価格


また、これまで洗濯行程で作動していた「エコナビ」(衣類の量や汚れに応じて自動で省エネ運転する機能)が乾燥工程でも作動。乾きやすい衣類が多い場合は、最大で約5%の省エネ運転をしてくれるそう。これで、衣類の乾かしすぎを防止でき、気になる布傷みも少なくなりそうです。

毎日、当たり前のように使っている家電。頻繁に買いかえるものではないだけに、購入する際は製品の特長を把握した上で、自分のライフスタイルに合ったものを取り入れ、家事を楽しみたいですね!

[洗濯乾燥機 NA-FR80S5,洗濯乾燥機 NA-FR70S5]

(おりはら やすこ)


■ あわせて読みたい
本命でも義理でも「愛のあるチョコ」を贈ろう! 2/4(土)チョコレート・サミット開催
二酸化炭素の吸収率がもっとも高い花は、あの意外な品種!? エコな花を贈ろう
えっこんなモノが貰えるの!? Twitterを活用した「物々交換」で未来型リユースを!
アウトドアにも使えるグッズで防災対策!震災後ニーズが高まったアイテムべスト3は?
オーガニックコスメの落とし穴!?本当のオーガニックを見分ける裏技
自分を見つめなおす時間を過ごす!夏限定の大人の学校
20軒以上の自然派フード店が集結!エコ&オーガニックなフェスで夏体験
地球でもっとも美しい図鑑! 清川あさみさんの最新刊は必見です