110519newsmoretrres03.jpg

植林や、森づくり活動推進を目指し、坂本龍一さんが立ち上げた「more trres」主催の、東北地方太平洋沖地震の被災地支援プロジェクトLIFE311」がスタートしています。

復興のためにも、一刻も早い仮設住宅の建設が求められるなか、津波被害が及ばなかった被災地周辺の地場資源である木材を使用し、被災地に暮らす人々とともに、木造仮設住宅を建設するというもの。

110519newsmoretrres04.jpg

建設費に1棟約500万円かかるといわれるプレハブに比べ、この木造仮設住宅は250万円とコストも安く、調湿性に優れ、夏は涼しく、冬は暖かく結露の心配も軽減されるという利点も。また、木材が生み出す「木のぬくもり」は、きっと被災者の心を癒してくれるはず。

110519newsmoretrres01.jpg

さらに、外部からの支援に頼るのではなく、地域の力で地域を復興していくことを目的として、被災地に新たに雇用を生み出すきっかけになり、復興への第一歩を踏み出したことを実感できるプロジェクトです。


その舞台として選ばれたのが、津波被災地である陸前高田市の隣接自治体である岩手県 住田町。もともと「森林・林業 日本一」を目指す自治体であり、独自で仮設住宅を作ることをいち早く明言し行動に移していた町だったことから選ばれたそう。

そんな、住田町と「more trres」が力を合わせ実現した「LIFE311」。さらなる活動のために、企業や、一般の方が500円から寄付できる募金活動をサイト上で行っています。すでに、住田町では110棟が完成間近なのだそう。

110519newsmoretrres02.jpg

今後は、住田町に限らず自治体が保有する土地の活用可能であれば、その他の自治体もこの活動に参加ができるそうです。

国際森林年でもある今年は、復興支援と日本の森を応援する意味でも、注目していきたいプロジェクトです。

[LIFE311,LIFE311 facebook,more trres]

(MYLOHAS編集部)


■ あわせて読みたい
【本日公開】これぞロハスライフ!  原田知世&大泉洋が手作りパンで迎える 映画『しあわせのパン』
【本日オープン】あのメニューが食べられる!? 東京・丸の内に「タニタ食堂」オープン!
2011年12月31日までにあなたがやるべきことを教えてくれる映画『ニューイヤーズ・イブ』
パークハイアット東京で開催! 2日間限定のオーガニッククリスマスマーケットに出かけよう
日本伝統のエコイベントに出かけよう! 冬の風物詩、無形民俗文化財「世田谷ボロ市」
お気に入りのエコプロダクツを見つけよう! 日本最大級のエコイベントが開催
占星術で2012年を読み解く! 鏡リュウジさんクリスマストークショー開催
フレッシュな有機野菜と田舎暮らしに触れる! 平日は都会で週末は田舎「洗足カフェ」