110609news001.jpg

MYLOHAS読者のみなさま、はじめまして。自然エネルギー推進協会の穴田 輔(タスク)です。

私は、太陽光発電を中心とした自然エネルギー機器の普及活動をしています。毎日、多くの家庭や企業にお邪魔し、自然エネルギーの取りいれ方や、実際の節電の様子を見てきました。

その経験から“コレはいいな!”と感じた、節電や、自然エネルギーのかしこい活用法、お得な節電情報について、家庭での実践例をまじえながらご紹介していければと思います。

さて、今回は、みなさんがすでに取り組んでいるであろう “節電”について、お話ししていきたいと思います。

震災以降、話題に上がることが多くなった節電。コンセントを抜いたり、使わない電気をこまめに消したりと、みなさんの節電に対する意識も高まっていると思います。そんな節電を、さらに効果的にするためにとりいれたい、簡単なポイントを4つのステップに分けてご紹介したいと思います!

ステップ1:毎月の電気使用量を改めてチェック!

毎月の電気料金、いくらかかっているか即答できますか? まず、電気料金の明細表を確認して、使用中の家電製品の消費電力を把握しましょう。

ステップ2:節電の目標金額を決めてモチベーションアップ!

継続した節電には、モチベーションアップが不可欠。“これぐらい下がったら嬉しいな”という目標金額を決めて、楽しみながら続けましょう。

ステップ3:節電の妨げになっている家電を探し当てる!

消費電力の大きい家電を長時間使用していないか? など、何が節電の妨げになっているかを把握しましょう。

家電別 消費電力はこちらをチェック>>


anana01.jpg

ステップ4:効果の大きいポイントに絞って実施して結果を計測!

ステップ3で探した、消費電力の大きな家電製品にポイントを絞って無理なく節電を実施。例えば、炊飯器の保温スイッチがいつも入っていてそれが節電の妨げになっているようであれば、必要な分だけ炊く、あるいは小分けにして冷凍する事をやってみましょう。多くのご家庭では、ステップの1〜3を飛ばして、すぐ目についたものから節電をスタートしがちですが、それだと効果も限られますし、長続きもしません。継続的な節電を目指すなら、ステップを踏んで賢く節電しましょう。

いかがですか? 当たり前のようですが、一つ一つを見直すことで、確実な節電につながりますよ。

次回のテーマは、ステップ1の「分かると面白い電気明細表の見方」について。お楽しみに!

Photo by TANAKA juuyoh



穴田 輔(タスク)(自然エネルギー推進協会 理事)..................................................................................anadaphoto01.jpg2009年アジア放浪の旅から帰国後、前職の同僚に声をかけられ、短期アルバイトで太陽光発電の仕事に関わる。高校時代やりたかった環境事業に足を突っ込んだ事で、これぞ天職!と思い立ち同業界に本格的に参画。商社、コンサル会社の営業・人事という異色の肩書を経て、昨年8月(社)自然エネルギー推進協会を立ち上げ、現在は自然エネルギー商材販売から、大手住宅設備メーカー・ビルダー・住宅団体向けに、研修・講座講師や業界紙の執筆まで多岐にわたり活動中。http://www.taiyoko.net/

■ あわせて読みたい
家の燃費を気にする時代はもうすぐ! 海外の自然エネルギー事情とは?
自宅でもオフィスでもお得!? 自然エネルギーの「全量買取制度」ってなに?
もう未来の話じゃない! 自然エネルギーを住宅を選ぶ基準にしよう
自然エネルギーを取り入れた未来の住宅! 注目を集める「蓄電池」とは?
今すぐできる! 家電製品ごとに実践する節電方法のまとめ
たった3つの家電を節電するだけ! 効率的に無理なく節電する方法
節電効率をさらにアップ! 家電製品の消費電力を把握しよう
電気料金が安くなる!?節電につながるヒントを読みとく、電気料金明細書の正しい見方