1109616NEWS02.jpg環境省主催のイベント「エコライフ・フェア」にゲストとして登場した長谷川理恵さん。毎日実践しているという節電習慣は、「早寝早起きだそう」。

多くの女性たちの憧れ、長谷川さんも実践する朝型のライフスタイルは、肌や体調も整えられ、さらには節電もつながるとあって、働く女性たちに注目されています!

環境省が推進しているチャレンジ25,で、ライフスタイルを朝型に変えて、地球温暖化を防止しようという「朝チャレ!」プロジェクトがあるのをご存知ですか?

1109616NEWS01.jpg

夜の電気使用を減らすと、CO2の削減や節電ができるので、朝型生活にシフトしようというもの。

・1日夜の電気使用を短縮した場合、年間で 約85kg/CO2
・1日1時間エアコン使用を短縮した場合、年間で 約58kg/CO2
・1日1時間テレビ使用を短縮した場合、約22kg/CO2

の削減ができるそうです。

これに全国の世帯数(約5288万世帯)をかけ合わせると、全国で約870万トンになるのだとか。※朝チャレサイト内「朝型生活のススメ」より抜粋

科学的にも「朝の脳」は、寝ている間に記憶を整理し、整理が終わって一番頭がすっきりしている時であると言われています。

「朝の15分は夜の1時間に相当するくらい、集中力があって活動的に取り組める時間」

なのだそう。

まさに、仕事や学習、読書などをするのにピッタリな時間! すがすがしい空気の中、ヨガやストレッチなど、からだにもいいことをしてあげるのによいタイミング。

ちなみに、長谷川さんは早起きをして、毎朝2時間のバス&読書タイムを楽しんでいるのだとか。

朝型生活を実践するには、目覚めたら、窓を開けて新鮮な空気を取り入れ、朝日をしっかりと浴び、体内時計に朝を知らせる。朝ごはんを食べ、体と脳をしっかり起こすことからスタート。朝型に体内時計をリセットするには、レモンもGOOD! 嗅覚と摂取効果の両方から刺激により、体内時計の調節機能を高める作用があるのだとか。

自分のために過ごすのもよし、ごみ拾いなどのボランティア、また、恋人とのデートを朝時間にスイッチすれば、一緒にお散歩してから出勤なんて、爽やかな時間が過ごせそう。

生活を朝時間にシフトするだけで、心やからだ、そして、環境にも優しい時間を過ごせる。
きっと、新しい出会いや発見も。さあ、明日から朝型生活、チャレンジしてみませんか?

[チャレンジ25,朝型生活にチャレンジ「朝チャレ!」]

(林美由紀)


■ あわせて読みたい
唾液やビールでも発電!水で発電する単三電池
涼活アイテムで蒸し暑〜いオフィスを快適に! スマートなオフィスライフを送ろう!
バスは48g、徒歩は0g!? スマートムーブで街を散策しよう
体感温度はマイナス5度!冷んやりシェードて窓辺のカンタン節電対策
家賃28,000円から! 週末ごとに料理講座や美容講座も楽しめるお試しステイって?
街がキャンドルの灯りに包まれる!今年は昼も電気を消して、ちょっぴりスローダウン
自宅で図書予約が可能!エコにもつながる図書館活用でかしこい節電読書を楽しもう