110620NEWSk01.jpg6月22日は夏至ですね。
夏至の夜は電気を消して、キャンドルを灯し、思い思いのスローな時間を過ごす。そう、「キャンドルナイト」。

環境省は地球温暖化防止のため、2003年から夏至と七夕に、ライトアップ施設の消灯を呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を行ってきました。過去には、東京タワーやお台場の観覧車、大阪城や神戸ポートタワーなども、ライトダウンに参加。
その様子はこちら>>

110620NEWSk02.jpg

節電に注目が集まる今年は、「昼も。夜も。節電ライトダウン2011」と題して、夏至と七夕の2日間に加え、特に節電が求められる6月22日〜8月末日を対象に、昼と夜に自主的なライトダウンを呼びかけています。

110620NEWSk03.jpg

2011年6月16日現在のライトダウン予定企業数と節電ワット数

企業や商業施設など、日本全体が力を合わせていく一大プロジェクト。職場やいつもよく行くお店などにも呼びかけてみませんか。

個人としては、各地で開催される「1000000人のキャンドルナイト」に参加してみるのはいかが? たくさんの人と素敵な時間を分かち合うのも良いですよね。

110620NEWSk04.jpg

オススメなのは、6月22日の夏至の日に行われるイベント「Geshifes2011」。一般の方でも参加できるこのイベントには、キャンドルの灯りはもちろん、ライブなども体感できるとあって毎年多くの方で賑わいます。

2年ぶりとなるGeshifes2011は、あのCandle JUNEさんがキャンドルナイトをプロデュース! ブースでは販売も行うそうですよ。

こちら以外にも、全国でたくさんのイベントが行われていますので、お近くのイベントを探してみてくださいね。全国各地で行われるキャンドルナイトイベント情報はこちら>>

昼間は太陽の明るさで、夜はキャンドルの優しい光で。ゆっくりお風呂に入ったり、読書をしたり、大切な人とのおしゃべりを楽しんだり、いつもとは少し違ったスローでハッピーな時間を過ごしてみませんか。

Photo by L.C.Nøttaasen

[1000000人のキャンドルナイト,Geshifes2011]

[昼も。夜も。節電ライトダウン2011]
ライトダウン実施日
6月22日:20時〜22時と昼間の任意の2時間
7月7日:20時〜22時と昼間の任意の2時間
※この2日間以外も、6月22日〜8月31日まで、節電ライトダウンキャンペーン期間

(林美由紀)


■ あわせて読みたい
【本日公開】これぞロハスライフ!  原田知世&大泉洋が手作りパンで迎える 映画『しあわせのパン』
【本日オープン】あのメニューが食べられる!? 東京・丸の内に「タニタ食堂」オープン!
2011年12月31日までにあなたがやるべきことを教えてくれる映画『ニューイヤーズ・イブ』
パークハイアット東京で開催! 2日間限定のオーガニッククリスマスマーケットに出かけよう
日本伝統のエコイベントに出かけよう! 冬の風物詩、無形民俗文化財「世田谷ボロ市」
お気に入りのエコプロダクツを見つけよう! 日本最大級のエコイベントが開催
占星術で2012年を読み解く! 鏡リュウジさんクリスマストークショー開催
フレッシュな有機野菜と田舎暮らしに触れる! 平日は都会で週末は田舎「洗足カフェ」