kiyokawasan.jpg絵本を眺めていると気持ちがまっさらでピュアになる、そんな瞬間ありませんか? 絵というストレートで分かりやすい表現だからこそ、心にまっすぐ響いてくる、そんな気がします。

なかでも最近、心うたれたのが、6月27日に発売となった、清川あさみさんの『もうひとつの場所』。こちらは、この世にはもういないすでに絶滅してしまった、または、絶滅が危惧される230種類の生きものたちが、キラキラと輝く刺繍やビーズ、鮮やかな色彩のアートワークによって綴られた「絵本図鑑」です。

清川さんといえば、最近ではAKB48とコラボレーションした『AKB48×美女採集』(講談社刊)が話題になりましたが、それ以前に発売された絵本シリーズ『幸せな王子』『人魚姫』『銀河鉄道の夜』でも、切なさや儚さが見事に表現され、すでに知られている名作に新たな命を吹き込みました。

kiyokawasan_2.jpg


今回の作品は、実際に存在していた、または存在している自然だけあって、清川さんの想いがより強く吹き込まれた、渾身の仕上がりとなっています。

ページをめくるたび、思わず息をのんでしまうほど、美しく壮大な世界が広がります。そして、この生きものたちが、滅びてしまった、また滅びゆく運命におかれているということを思うと、その美しさがより一層際立ち、自然や動物たちの心の叫びが胸にぐっと迫ってくるようです。

kiyokawasan_3.jpg

図鑑といえども、どのページもアートのように鮮やかで美しいので、インテリアとしても常に置いておきたいと思えるほど。

忙しい毎日の中で忘れてしまいがちな、“生命”という大切なものについて考えさせられ、そして、自然とともに生きるという、人間にとっての原点に返らせてくれる絵本になっています。

kiyokawasan_4.jpg

学ぶという感覚はなくても、自然と今の環境について考えさせられる絵本。お子さんはもちろん、大人にこそ感じてほしい、地球でもっとも美しい図鑑は必見です! 贈りものとして、大切な人へのプレゼントとしてもオススメですよ。

[もうひとつの場所,清川あさみ,リトルモア]

(MYLOHAS編集部)


■ あわせて読みたい
本命でも義理でも「愛のあるチョコ」を贈ろう! 2/4(土)チョコレート・サミット開催
二酸化炭素の吸収率がもっとも高い花は、あの意外な品種!? エコな花を贈ろう
えっこんなモノが貰えるの!? Twitterを活用した「物々交換」で未来型リユースを!
アウトドアにも使えるグッズで防災対策!震災後ニーズが高まったアイテムべスト3は?
オーガニックコスメの落とし穴!?本当のオーガニックを見分ける裏技
自分を見つめなおす時間を過ごす!夏限定の大人の学校
20軒以上の自然派フード店が集結!エコ&オーガニックなフェスで夏体験
地球でもっとも美しい図鑑! 清川あさみさんの最新刊は必見です