110629NEWSLED01.jpg電力のことを真剣に考えていく必要があるこの夏。
手軽に消費電力を抑え、エコにつながる第一歩として、家の中の電球を見直してみませんか?

そこでオススメしたいのが、省エネのための「LED電球」への切り替え


LED電球に切り替えると……

・白熱電球からLEDランプに交換:約84%節電

・電球型蛍光灯からLEDランプに交換:約50%節電

さらに、白熱灯に比べあまり熱を持たないので、室温を上げにくく、この夏のエアコンの温度設定にも貢献してくれるはず。

でも、LED電球は今までの電球に比べ、まだまだ高いのが現状です……。そこでポイントにしたいのが、イニシャルコスト(初期投資)とランニングコスト(運用費)。安いLED電球も手に入るようになってきましたが、今までの電球に比べると電球1灯辺り、その価格の差は、白熱球で20倍以上、電球型蛍光灯でも約5〜6倍です。そのバランスを考えると、長く点灯する箇所はLEDに切り替え、たまにしか使用しないトイレや建物内部の玄関ライトなどは、まだ使用できる電球であればそのままにするなど、かしこく交換することが必要です。※灯数に変更が無い場合につき

蛍光灯に比べ照度が低いLED電球ですが、白熱電球の照度をLED電球で再現し、消費電力を下げるデモンストレーションをパナソニックなどの電気メーカーが行っています。

また、ひとくちにLEDといっても各メーカーにより、照明の色が違うのをご存じですか?

その秘密は、LEDの電球色は白熱球の光の色そのものの色ではなく、電球のようなオレンジの色を着色して表現しているから。メーカーにより、そのオレンジが青みがかっていたり、白っぽかったりしているので、電気店などでサンプル照明を見てから購入した方がベストです。

●LED電球の購入時の注意点とは?

また、特に気をつけたいのが同じ室内で何灯か一緒に使用する場合。
同時に点けたら室内で照明の色がバラバラ……なんて、悲しい事にもなりかねません。購入時には、同じメーカで統一するように注意しましょう。※同じメーカーでも、ロットにより若干の色味違いがある事もあります

個人的には、女性の肌色を自然に見せてくれる、パナソニックのLEDライトがオススメ。

110629NEWSLED03.jpg

ポイントさえ押さえれば、電球を変えるだけで、ラクして節電できるなんでいいですよね。みなさんも適材適所にかしこくとり入れて、ラクチン節電を目指してみませんか?

※この記事は、新築ではなく、賃貸や持ち家の方に向けて、手軽にできる省エネというテーマで構成しています



Photo by moriza

滝川 良子スピカ建築工房 一級建築士事務所主宰/一級建築士)..................................................................................takigawaryouko01.jpg子育てを通し環境建築、より自然な素材に目覚め、自然素材を多く使用し、経年変化を楽しむ風と光のある住まいを提唱中。古いものを大切にする「木の家リフォーム」も。現在東京建築士会環境委員会委員。これから家づくりを考える女性のための家づくりサイト「暮らしと家」共同主宰・執筆中。

■ あわせて読みたい
寒色で体感温度を3度ダウン! 最も熱を防ぐカラーとは?
ネコのようにひんやり冷たい床でごろ~ん!? 体感温度を下げる夏の節電対策
水を吹きかけて涼しさ倍増! 日本の風情漂うヨシズ&スダレを使った節電対策
窓辺の暑さを解消! カーテンよりも日射遮蔽に効果的を発揮するのは…
仕事帰りの部屋の暑さを解消! ウッドデッキで節電対策
風にあたるのはNG!? 節電に効果を発揮する扇風機の使い方
風通しをアップして運気も上昇!? 節電対策にもなる風通りのよい部屋の作り方
光を拡散させて運気もアップ!?節電のヒントは「障子」にアリ