前回、LED電球の選び方についてお話しましたが、今回はLED電球で部屋の雰囲気をアップする方法をご紹介したいと思います。

110705NEWStaki01.jpg

実は、LED電球と白熱球では同じ灯りでもずいぶん違いがあることをご存じですか?
省エネ対策のためLED電球にかえたことで、部屋の雰囲気が変わってしまったという話をよく耳にします。

それは、今までの白熱球は、ガラス球の中のフィラメントが発光して球全体が光っているように見えるのに対して、LEDの灯りは直線的なため。

例えば、ペンダントライトのようなセードのある照明器具の電球を、白熱球からLED電球に替かえた場合、白熱球の時はセード越しにぼんやり灯りが漏れていますが、LED電球だと、セード越しの灯りはあまり感じられず、真下に光が射すように点灯します。これではせっかくの団欒が悲しい雰囲気になってしまいます。最近では、これを改善した、白熱球のように全方向から光がでるLED電球も出ていますので、購入時には要チェックです。

部屋の雰囲気をアップするLED電球の選び方
部屋の雰囲気をアップするためには、明るさが必要な場所(作業する場所など)と、そうでない場所での使い分けが大切。日本の住まいの灯りは部屋全体を照らすモノが多いため、ヨーロッパなどに比べると明るすぎる傾向があります。カラダと心のスイッチを切り替えるためにも、帰宅後から寝るまでの間は、灯りを落としたライティングでリラックスモードを演出するのもいいはず。全部屋を暗くするのは難しくても、ゾーンごとに灯りを調整することで、夜の室内の雰囲気をぐっと素敵にすることができますよ。

110705NEWStaki02.jpg

ポイントは灯りのメリハリ!

ソファ:読書灯の代わりのフロアライトを
食卓:ペンダントライトや、小さなダウンライトで食卓のみを照らしたり、キラキラとした灯りで、食事をより美味しそうに演出するハロゲンライトがぴったり。食卓上部のガラスのペンダントには全方向型のLEDや電球型蛍光灯の電球色を
※ハロゲンライトは白熱球よりは省エネですが、LEDタイプのハロゲン照明も最近は販売されるようになってきています。
作業部屋:作業しやすい白色の蛍光灯を

などなど、適材適所でかしこく灯りを使い分け、素敵は食卓を演出しましょう。メリハリをつけた灯りの使い方で省エネにもなって、立体的な空間演出もできて一石二鳥! ロマンティックな灯りで節電ナイトを楽しんでみませんか。


滝川 良子スピカ建築工房 一級建築士事務所主宰/一級建築士)..................................................................................takigawaryouko01.jpg子育てを通し環境建築、より自然な素材に目覚め、自然素材を多く使用し、経年変化を楽しむ風と光のある住まいを提唱中。古いものを大切にする「木の家リフォーム」も。現在東京建築士会環境委員会委員。これから家づくりを考える女性のための家づくりサイト「暮らしと家」共同主宰・執筆中。

■ あわせて読みたい
寒色で体感温度を3度ダウン! 最も熱を防ぐカラーとは?
ネコのようにひんやり冷たい床でごろ~ん!? 体感温度を下げる夏の節電対策
水を吹きかけて涼しさ倍増! 日本の風情漂うヨシズ&スダレを使った節電対策
窓辺の暑さを解消! カーテンよりも日射遮蔽に効果的を発揮するのは…
仕事帰りの部屋の暑さを解消! ウッドデッキで節電対策
風にあたるのはNG!? 節電に効果を発揮する扇風機の使い方
風通しをアップして運気も上昇!? 節電対策にもなる風通りのよい部屋の作り方
光を拡散させて運気もアップ!?節電のヒントは「障子」にアリ