110708NEWSGEN04.jpg福島第一原発の事故以来twitterで大活躍の「もんじゅ君」と「プルト君」。

今回はもんじゅ君や、プルト君というキャラクター誕生のきっかけとなった、高速増殖炉「もんじゅ」や、そこで使用する核燃料「プルトニウム」についてご紹介したいと思います。(左:参照元:動かない、動かせない「もんじゅ」小林圭二著 原子力資料情報室編 七つ森書館)


●プルトニウムとは
原発で核燃料のウランが燃えた時に生まれる、自然界にはほとんど存在しない、人工放射能のことを言います。プルト君は「飲んでも安全」と言っていますが、京都大学原子炉実験所の小出裕章先生によれば、「この世で一番猛毒」「1/100万グラムで命を落とす」「角砂糖5個分あれば日本全人口が絶滅する」などといわれる非常に危険な物質です。代表的なプルトニウム239は半減期が2万4千年、一度放出されると半永久的に地球上のどこかで放射線を出し続けます。

原発から出る使用済み核燃料の中には、1%のプルトニウムが生まれます。青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場(試験運転を中断中)は、この1%のプルトニウムを取り出すための工場です。

プルトニウムは、核分裂しやすく原爆の材料にもなります。六ヶ所再処理工場が本格稼働すると1年に約8トンのプルトニウムが取り出されますので、これは1945年に落とされた長崎型原爆が1000発作れる量に相当します。
(参照元:頼れる仲間プルト君/小出裕章 「プルトニウムという放射能とその被曝の特徴」PDF)

110708NEWSGEN01.jpg

キャプション:プルト君

●高速増殖炉「もんじゅ」とは?
原発はウランを燃料にしていますが、プルトニウムを燃料に使用して発電しようという特殊な原子炉が高速増殖炉です。理論上では、燃やしたプルトニウムより多くのプルトニウムが炉内で生まれる「夢の原子炉」といわれています。

1995年に試運転をはじめた高速増殖炉「もんじゅ」は、とたんにナトリウム漏れ火災事故を起こしました。事故から14年半経った2010年5月に試験運転を再開しましたが、今度は、原子炉に重さ3.3トンの燃料交換用機器が落下するという事故が起こりました。24回の引き抜き作業に失敗しましたが、2011年6月24日にやっと装置を引き抜くことができました。しかし、いつ再開できるかはまだわかりません。実用化は2050年と言われています。

普通の原発は核分裂の熱を水で冷やすのですが、高速増殖炉ではナトリウムを使って冷やします。しかしナトリウムは空気に触れると発火し、水に触れると爆発するという危険な性質があります。機械も非常に精密なので、1995年の事故停止から維持費には、1日あたり約5500万円の税金が使われています。

110708NEWSGEN0.jpg

キャプション:もんじゅ君

●プルサーマル発電とは?
六ヶ所再処理工場はまだ本格稼働していませんが、日本の原発から出た使用済み核燃料は、今まではイギリスやフランスで再処理してもらっていたため、日本はすでにたくさんのプルトニウム(約45トン)を保有しています。

高速増殖炉の実用化の目処がたたなければ、再処理をする名目もたちません。使い道もないのにたくさんのプルトニウムを保有していれば、核兵器を作ろうとしていると疑われます。そこで、なんとかプルトニウムを消費しようと、ウラン燃料にプルトニウムを4~9%混ぜた、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料をつくり、普通の原発で使おうというのが「プルサーマル発電」です。

110708NEWSGEN03.jpg

プルサーマル発電では、燃料の1/3がMOX燃料、2/3がウラン燃料で、現在は佐賀県の玄海原発3号機や愛媛の伊方原発3号機などで行われています(定期点検や福島第一原発事故の影響で停止中もあり)。

また、青森県に建設中の大間原発は、100%MOX燃料を使用する原発で、使われるプルトニウムの量も多くなるので、津軽海峡を挟んで向かいの北海道函館市の市民からも不安の声が高まっています。

キャラクターはとてもかわいらしいですが、現実にはいろいろと問題があったり、税金も投入されていますので、今後もしっかりとプルト君ともんじゅ君に注目していかねばなりませんね。

次回は、布団や洗濯は外に干して大丈夫なのといった、日常のギモンについてご紹介していきます。

神無月好子(ライター/オーガニックライフスタイリスト)..................................................................................kannazukimyouko01.jpg環境や、原発問題をわかりやすく伝えるべく、2007、2008年とGARCIA MARQUEZとstop-rokkashoのチャリティーコラボバックや、2010年には森林保全のmore trees×ANOTHER EDITION×HELLO KITTYのチャリティーコラボバックを展開。今までにない切り口で、たくさんの人に環境をはじめ、原発や、社会問題について執筆中。http://blog.livedoor.jp/sukikokannaduki/

■ あわせて読みたい
知っておきたい放射能汚染対策のまとめ【連載最終回】
動画で理解する! 今後も気になる「放射性廃棄物処理」問題
水たまり&落ち葉の吹きだまりは要注意! 身近で注意したい放射線量の溜まりやすいスポット
毎日手軽に放射線量チェック! 各地の放射線量をまとめた便利で使えるサイト&スマートフォンアプリ
原発ニュースを読み解くための用語集
手軽な材料でできる! 身近な地域の放射能除染対策
肉・魚は塩水で煮ると、セシウムが70%減少!? 放射能汚染された食品を食す注意ポイント
洗濯物を外に干しても大丈夫?今すぐ知りたい放射線対策