口にいれた瞬間、恋に落ちたようなハッピーな気持ちにしてくれるスペシャルスイーツを届けてくれる、パテシェ 辻口博啓さん。そのセンスは、多くの女性を魅了しています。

コンセプトの異なる13ものブランドを手がける辻口さんが、新たに注目したのが、日本古来の食材である“豆”。「実は必要な栄養素がたっぷり含まれている豆は、女性にこそとっていただきたい自然のサプリメント」と、語る辻口さん。

110708NEWSfv01.jpg

カシュー×フランボワ―ズ(60g/360円)

そんな豆を新感覚で楽しんでもらいたいと、自由が丘に7月8日にオープンしたのが、豆スイーツ専門店「Feve(フェ―ヴ)。明るい店内には、試験管のようなディスプレイに、色とりどりの豆スイーツが飾られ、ギフトにもぴったりなハイセンスなパッケージに包まれた商品がずらりと並びます。

110708NEWSfv02.jpg

Feveであつかう豆は、大豆・ソラマメ・カシュー・くるみ・ラッカセイなど。特に大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、バランスを崩しやすい女性をサポートすることが知られています。また、豆にはカルシウム・マグネシウム・ビタミンB群など、女性に必要な栄養素がギュッと詰まったサプリメント食材です。

110708NEWSfv03.jpgのサムネール画像

パテシェ 辻口博啓さん

そんな豆を、新感覚で楽しませてくれるFeveの豆スイーツは、全部で20種類。季節ごとに種類も変わっていくそうですよ。なかでもオススメなのが、「カシュー×フランボワ―ズ」。鮮やかなピンクの色は、乾燥させたフランボワ―ズの粉末を使ったナチュラルなもの。新感覚スイーツの名にふさわしい、和と洋のコラボレーションが口のなかで広がる味わったことのない、スーツ体験ができるはず。

バックにもすっぽり入いるサイズで、小腹がすいたときの間食にもぴったり。ジッパータイプのパッケージも女性には嬉しいですよね。

110708NEWSfv04.jpg

その他にも、豆スイーツに合う辻口さんプロデュースのお茶も一緒に販売されています。ベトナムの農薬無散布の茶畑で、贅沢な手摘みによってできた水だし茶は、ペットボトルに入れておくだけという気軽さ。

そんな、辻口さんのこだわりと愛情が詰まったFeveで、女性らしさも高めてくれそうな豆の魅力を再発見してみてはいかが?

110708NEWSfv05.jpg[Feve(フェ―ヴ) ]
10:00〜20:00(年中無休)
東京都目黒区自由が丘1-29-14 Jフロントビル1F
TEL:03-6421-4825


(MYLOHAS編集部)


■ あわせて読みたい
北欧ノルウェーから100%オーガニックの抗酸化ジュース「ritni」が日本上陸!
2012年のケーキ・トレンドは「グルテンフリー」! セレブも夢中になるその魅力とは?
天然ヨードたっぷりの重要文化遺産で採れる「スロベニアの塩の花」とは?
行列のできる日本食屋さん! パリでも『BENTO』はヘルシーフードの代名詞
ハーブ界の女王のアーユルヴェーダハーブ「トゥルシー」で今年の冬は風邪知らず!
日本で大人気だったあのドリンクが復活!? ニューヨークで大流行中のKombuchaとは!?
心にもカラダにもおいしい! 京野菜たっぷりのスイーツはいかが?
ピリリとした辛さが刺激的でクセになる! オーガニックのジンジャー・コーディアル