植物が、二酸化炭素の吸収に効果的なのは広く知られていますが、どんな植物が二酸化炭素を多く吸収してくれるのかご存じですか?

110715NEWSfl01.jpg

フラワーショップの日比谷花壇では、より二酸化炭素を吸収してくれる植物ランキングを公開していますよ。

その気になる結果は…

1位 カトレア・ラン
2位 サボテン・多肉植物
3位 カランコエ・チランジアなど
4位 花木
5位 アイリス・ペチュニア

意外にも、キレイな花をつける「ラン」が1位なんだそう。その他にも、可愛いお花がランクインしていますね。ロハス女子なら、贈り物の花を、こんなエコ目線で選んであげるのもいいかも!

そんな、日比谷花壇では、「Green save the earth」プロジェクトを実施中。キャンペーンの対象商品の売上の一部を、苗木を買う資金として植樹活動をしています。つまり、私たちがお花を植え、さらに植樹が行われることで、ダブルで二酸化炭素削減の役に立つのです。

大好きなお花をベランダや庭で育てることは、緑と笑顔を増やし、二酸化炭素を減らすこと。花のあるエコ生活を始めてみませんか?

[日比谷花壇]

Photo by ankakay

(林美由紀)


■ あわせて読みたい
本命でも義理でも「愛のあるチョコ」を贈ろう! 2/4(土)チョコレート・サミット開催
えっこんなモノが貰えるの!? Twitterを活用した「物々交換」で未来型リユースを!
アウトドアにも使えるグッズで防災対策!震災後ニーズが高まったアイテムべスト3は?
オーガニックコスメの落とし穴!?本当のオーガニックを見分ける裏技
自分を見つめなおす時間を過ごす!夏限定の大人の学校
20軒以上の自然派フード店が集結!エコ&オーガニックなフェスで夏体験
地球でもっとも美しい図鑑! 清川あさみさんの最新刊は必見です