110719NEWSmajikiri01.jpg暑い夏がやってきましたね。
エアコンの設定を上げ努力はするものの、もう少し風が抜ければ涼しいのだけど……と、感じることも多いはず。それは、人は室温よりも体感温度で、快適さをはかる生き物なのだから。

風を感じれば、体感温度も下がるということで、今回は、室内に風の通り道をつくって、風通りをよくする方法をご紹介します。

まず、窓を開けることからスタートしましょう!
ですが、家の構造上、窓を開けても風が入らないというご家庭も多いはず。その原因は、風の出口がないから。風が吹いても出口を作ってあげないと、風は抜けませ。

思い切ってお部屋の間仕切りを外してみましょう!
まず、部屋の入口の扉を外す。
フルオープンに出来る扉ならば、外さなくてもOKです。ドアストッパーなどで開けた扉を固定してみて。また、引き違いのフスマ戸などは簡単に外せるので、外しましょう。※賃貸の場合は後で現状復帰できるよう、扉やドアの金具を保存しておいてくださいね。

室内の間仕切りを外したら、間取りの中で対角になるような窓を開けましょう!
風の通り道ができた室内を風が抜けていくはずです。目線が気になるようなら、コードスクリーンのような間仕切りを使用するのも涼しげです。

110719NEWSmajikiri02.jpg

コードスクリーン

このように、効果的に室内に風を取りこむことで、節電対策にもつながるはず! また、常にクリーンな風が流すことで部屋の気の流れもよくなり、風水的にも運気がアップできるかもしれませんね。

次回は、弱い風でも効果的に室内に取り込む、扇風機の使い方をご紹介します。

Photo by TANAKA Juuyoh

滝川 良子スピカ建築工房 一級建築士事務所主宰/一級建築士)..................................................................................takigawaryouko01.jpg子育てを通し環境建築、より自然な素材に目覚め、自然素材を多く使用し、経年変化を楽しむ風と光のある住まいを提唱中。古いものを大切にする「木の家リフォーム」も。現在東京建築士会環境委員会委員。これから家づくりを考える女性のための家づくりサイト「暮らしと家」共同主宰・執筆中。



■ あわせて読みたい
寒色で体感温度を3度ダウン! 最も熱を防ぐカラーとは?
ネコのようにひんやり冷たい床でごろ~ん!? 体感温度を下げる夏の節電対策
水を吹きかけて涼しさ倍増! 日本の風情漂うヨシズ&スダレを使った節電対策
窓辺の暑さを解消! カーテンよりも日射遮蔽に効果的を発揮するのは…
仕事帰りの部屋の暑さを解消! ウッドデッキで節電対策
風にあたるのはNG!? 節電に効果を発揮する扇風機の使い方
光を拡散させて運気もアップ!?節電のヒントは「障子」にアリ