110726NEWSsen02.jpg気温の高い日が続くなか、エアコンの設定温度の調節や、LED電球への交換などで節電を心がけている方も多いですよね。でも、もっとできることってないの?という方にオススメしたいのが、「扇風機」。

巷の量販店では品薄状態になるなど、今年新たに扇風機を購入したという方もいるはず。せっかくなら、もっと効果的に活用したいと思いませんか?そこで今回は、扇風機の効果的な活用術をご紹介します。

扇風機の風を自分にあてることが、正しい使い道だと思っていませんか?

もちろん暑い外出先から帰宅して、真っ先に涼みたい時は、扇風機の風は気持ち良いもの。ですが、前回ご紹介した「間仕切りを外して風通しアップ」を実践された方は、さらに扇風機を利用して風を室内に呼び込みましょう。

●風を浴びるためでなく、風を送ることを意識して
 扇風機を活用してみましょう!

風は入ってきたら、必ず出て行きます。出口がなければ入ってこないと云っても過言ではありません。風の入口になるバルコニー側の窓を開け、さらに風の出口側の窓を開けます。そして風を通したい流れと同じ方向へ扇風機の風が向くようにセットします。扇風機で排出された風は、新たな風を呼んでくれます。また風が流れ、壁をつたうことで壁面の熱を奪うので、壁から出る熱の放出を抑える効果も期待できますよ。

●効果的なエアコン利用にも!
実はエアコン使用時には扇風機も併用すると良いのです。扇風機を併用することで、エアコンの設定温度を2度下げ、エアコンの消費電力を約10%落とすことができるのだそう。(東京電力調べ)

また、天井扇(シーリングファン)の利用も効果的です。リゾートなどで見かけるシーリングファン。ファンを回すことで足元に溜まった冷気を分散させ、冷えすぎを防止し、快適な室温に導いてくれます。

110726NEWSsen01.jpg

エアコンを切り、扇風機のみで使用すれば50%の電力削減となるようですが、昨年と同じような猛暑が襲ってきたら我慢は禁物。夏の寝苦しい夜は、美容の大敵“睡眠不足”にならないためにも、設定温度を上げつつ、扇風機を併用して、良質な睡眠を取って暑い夏を乗りきりましょう!

滝川 良子スピカ建築工房 一級建築士事務所主宰/一級建築士).................................................................................................takigawaryouko01.jpg子育てを通し環境建築、より自然な素材に目覚め、自然素材を多く使用し、経年変化を楽しむ風と光のある住まいを提唱中。古いものを大切にする「木の家リフォーム」も。現在東京建築士会環境委員会委員。これから家づくりを考える女性のための家づくりサイト「暮らしと家」共同主宰・執筆中。



■ あわせて読みたい
寒色で体感温度を3度ダウン! 最も熱を防ぐカラーとは?
ネコのようにひんやり冷たい床でごろ~ん!? 体感温度を下げる夏の節電対策
水を吹きかけて涼しさ倍増! 日本の風情漂うヨシズ&スダレを使った節電対策
窓辺の暑さを解消! カーテンよりも日射遮蔽に効果的を発揮するのは…
仕事帰りの部屋の暑さを解消! ウッドデッキで節電対策
風通しをアップして運気も上昇!? 節電対策にもなる風通りのよい部屋の作り方
光を拡散させて運気もアップ!?節電のヒントは「障子」にアリ