110727NEWSmizu01.jpg3月の震災のときに、水などと並んで品薄になったのが乾電池でしたよね。
そんな、もしものときに安心な「水を入れるだけで発電する単三電池」が8月上旬に発売されるそうです!

ナカバヤシが発表した「水電池 NOPOPO(TM)」は、付属のスポイトで本体の穴に水を入れるだけで、化学反応により発電するそう。水がないときでも、唾液やジュース、ビールなどでも代替できるというスグレもの! 画期的ですよね。

使う時に水を入れることで利用可能になるので、水さえ入れなければ電気容量が減ることを防ぐことができ、いざ使う時に電池がなくなっていた! なんてことはありません。未使用時は20年の保存が可能だそうで、長期間保存が可能なこともオススメポイント。

LEDライトの場合、電池1本でおよそ5時間の使用が可能で、電力が弱まったら、再度注水することで数回繰り返し使うことができるそう。

水銀、六価クロム、カドミウム等を含有していないので、使用後は不燃物として捨てることができるという環境にも配慮された電池です。

電池を買い忘れたとき、災害時や停電時など、ポケットラジオ、リモコン、LED懐中電灯など低消費電力機器には最適なので、備えておくと強い味方になりそうですね。

ナカバヤシ
水電池 NOPOPO(TM)
希望小売価格:3本パック 630円/100本パック 20,790円(税込)

(林美由紀)


■ あわせて読みたい
涼活アイテムで蒸し暑〜いオフィスを快適に! スマートなオフィスライフを送ろう!
バスは48g、徒歩は0g!? スマートムーブで街を散策しよう
体感温度はマイナス5度!冷んやりシェードて窓辺のカンタン節電対策
家賃28,000円から! 週末ごとに料理講座や美容講座も楽しめるお試しステイって?
街がキャンドルの灯りに包まれる!今年は昼も電気を消して、ちょっぴりスローダウン
長谷川理恵さんも実践! 地球に優しい時間の使い方「朝チャレ」
自宅で図書予約が可能!エコにもつながる図書館活用でかしこい節電読書を楽しもう