1976年から現在2011年まで35年間続いている長寿エンタメ文化が、2つある。1つは2月2日より放送が開始された黒柳徹子司会のテレビ朝日系トーク番組『徹子の部屋』。最近はレディー・ガガの出演もあり、ますます勢いに乗っている。その4ヶ月後、6月22日より連載が開始されたのが、秋本治著のシットコム的漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』である。

度々実写化、アニメ化、舞台化などがなされていた同作品であるが、この度、香取慎吾主演の映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜』が8月6日に全国公開される。12日に行われた完成披露試写会などに出席した秋本氏は映画の出来栄えに大きな満足を感じているらしく、「今回の映画は大人の両さんで、今まで描いていないものだった。だから、恋する両さんはかっこいいな、男らしいなと思いました」などとコメントを発表している。

「恋については描ききれていない」と原作を評する秋本氏であるが、準ヒロインとして麻里愛(マリア)、早矢、纏、右京らが主人公の両津と親しい関係を築いており、本格的な恋愛に発展する可能性も十分に秘めている。映画に触発され、秋本氏は彼らの関係に新たな展開が加わるかも?

【記事:G・Joe?】


■関連記事
【アニメ】「君に届け 2ND SEASON」CS再放映決定!
【とある企業の面接録】特別編「資格試験の勉強の方法その16」
【Twitter】話題のタグ・キーワード 「#バンド名の一部を修造にすると熱い」 と 「#VZWBack2School」
アニメ”神様ドォルズ”オープニング・エンディング曲収録「不完全燃焼」発売
最大10人のカービィ!?DS「あつめて!カービィ」紹介映像公開