今年1月に朝吹真理子『きことわ』と西村賢太『苦役列車』が芥川賞をダブル受賞してベストセラーになったのは記憶に新しいところ。その話題作が新潮社から早くも電子書籍化されたのを機にふたりの対談が実現。「書くよろこび、辛さ」から「電子書籍をどう考えるか」までを大いに語らった模様が、新潮社の電子書籍ライブラリー「新潮ライブ!」に現在掲載されている。

 対談するのは実は初めてというふたり、やはり同時受賞した"同志"ということで最初はなごやかに対談はスタートするも、話題が「詩」に及ぶと議論は白熱し始めて......あとは実際に読んでからのお楽しみ。

 また、この対談はテキストだけでなく、一部動画でも公開。ワンカップ大関を片手に話を進める西村氏に、席を立ちあがって身ぶり手ぶりを交えながら熱く語る朝吹氏。めったに見られない貴重な動画は要チェック!







■ 関連記事
『ついに100冊突破だぁ!──『だいたい四国八十八ヶ所』だいたいこんな感じで売れてます日記』(2011年2月7日10:28)
『2011年本屋大賞ノミネート作品が決定!』(2011年1月25日13:35)
『図書カード使い放題?!で穂村弘は何を買ったのか?』(2010年12月1日10:27)


■配信元
WEB本の雑誌