矢野経済研究所は、今後の住宅(戸建て・マンション)の方向性及び関連業界の最新動向を展望する「2011年版 住宅トレンドの徹底分析」を、7月28日(木)に発刊する。
本年版では、東日本大震災による住宅業界への影響として、需要動向や商品開発に関する方向性も分析している。
A4サイズ、438ページ。価格は10万5000円(税込)。書籍とPDF版がある。なお書籍とPDFセットの場合は13万6500円(税込)。