a0950_000140

写真拡大 (全4枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

去る7月24日。テレビ放送が地上デジタル放送に完全移行と共に、アナログ放送が終了となりました(東北三県を除く)。当日は特別番組も多く放送され、正午にはその切り替えの瞬間を観るべく「アナログ放送を観ていた!」という方も多いのではないでしょうか。

私も家でアナログ放送を観ていたのですが、正午を過ぎてもアナログで観れていたので、「おいおい〜、観れとるやんけ〜!どないなってまんの〜、テレビ局さん〜!これは一大事でっせ〜!」なんてしたり顔をしていたのですが、あとでデジアナ変換(地デジ放送をアナログ電波に変換して届ける変換サービス)というものを知って、アチャ〜ってポーズを決めました。あの日の自分を殴りたいですね。



アナログ、東京タワー、あの日の自分(殴りたい)



さてこの地デジ切り替え。テレビを中心とした様々なメディアで大々的に告知が行われ、切り替え間近になると「アナログ放送終了まであと〇〇日!」といったテロップが大きく表示されたりと、「いよいよその日がやってくる!」的な空気がすごかったですよね。で。思ったのですが、江戸時代の「鎖国」の時もこんな空気だったんじゃないでしょうか?

もう一回言いますね。
江戸時代の「鎖国」の時もこんな空気だったんじゃないでしょうか?

「旦那、もうすぐだねぇ」「あんた、いよいよだよぉ」と江戸の人々も盛り上がったに違いない鎖国。とうことで今日は「アナログ放送終了のお知らせ風」に、鎖国のテロップを作ってみました。こんな感じです。






鎖国間際になると窓口が混雑するので、早めに対応しておくほうが良いですね。鎖国がわからない方はコールセンターに電話してみましょう。オペレーター(ござる口調)が相談に乗ってくれることでしょう。さらに鎖国後になるとこんな感じ。




鎖国後。「うっかり貿易」「うっかり留学」をしている方は急いで問い合せ先に連絡ですね。そして最後は、





砂嵐。完全鎖国です


やっべー!国、閉じちゃった!なんてことにならないように何事も早めの対応を心がけたいですね。

あと関係ないですが今回の地デジ切り替え。「アナログでええじゃないか騒動」が起きないかと妄想してました。テレビなど買い換えるのに、やはりお金がかかるわけですし、地デジ化に反対する市民が「(アナログで)ええじゃないか、(アナログで)ええじゃないか、よいよいよいよい!」と東京タワーのまわりが練り歩く。そういう騒動。騒がしいやつ。起きませんでしたね。

季節は夏です。
続きを読む

この記事の元ブログ: アナログ放送終了のお知らせ風に「鎖国」してみよう


最新の人気記事はコチラ
急ぎでお願い!会社で使える「ゆるふわ催促カード」
大政奉還のプレスリリースを書く
大政奉還のプレスリリースを書く
会社でツラい時に使える「ゆるふわメッセージカード」
会社で使える「ゆるふわ毒舌」ステッカー
新選組に入りたい人の為の応募フォーム
フリーイラスト画像で作る「明るいエヴァンゲリオン」