大震災後、資産を守り育てる秘術を公開

写真拡大

 今回の大震災をきっかけに、「いつどんなことが起こっても生きていけるような備えをしておかなければならない」との思いを強く感じた人は多いでしょう。そして、非常時に対する備えとして真っ先にくるのはやはりお金です。
 しかし、経営コンサルタント・投資家として活躍する岩崎日出俊さんは、大震災をきっかけにマネーの動きが変わったといいます。大震災前と後では、効果的な資産運用の方法に変化が出ているのです。
 では、大震災後の不安定な現状でも有効な資産運用の方法とはどのようなものなのでしょうか。岩崎さんの著書『マネー大激震 逆境下の資産運用術』(ベストセラーズ/刊)から紹介します。
 
■流動性・換金性を重視せよ
 震災後、日経平均株価は一時8200円台をつけました。このとき「買い」を入れておけばと思った投資家もいるでしょう。為替もぐんと円高が進み、ドルは一時76円台を付けています。「あの時、ドルを買っておけば」と思った投資家も少なくありません。
 しかしこういった際にあなたの資産が流動性の乏しい債券やファンド・投信に投資されてしまっていたら・・。そうです。動くに動けないといった事態に陥ります。
 市場が激しく乱高下する局面では、資産の流動性を高め、柔軟に対応しないといけません。へたをすると大火傷を負いかねませんし、逆に千載一遇のチャンスを見逃すことにもつながります。
 不確実な時期には、ピンチをしのぐ意味でも、チャンスをつかむ意味でも、すぐ換金できる資産が大事であると岩崎さんは言います。

■投資とは「成長」に対して資金を提供して、その果実にあやかること
 投資に対する最も基本的なこの原則を踏みはずさなければ痛い目に遭うことはなく、「あなたの資産は増えていく」と岩崎さんは言います。
残念ながら過去20年以上にわたり日本はあまり成長してきませんでした。GDPの伸長率をとっても日経平均株価の推移をとってもしかりです。
一方、最近急ピッチで成長してきているのは新興国。
 この1年間に岩崎さんは、中国、トルコ、ブラジル、アルゼンチン、韓国、ベトナム、カンボジア、タイの各国を出張で訪問してきたといいます。
 本書には新興国のみなぎる躍動感を現地で実感してきた著者だけが言える数多くの投資のアドバイスが満載されています。

■流動性を確保しながら成長の波に乗る
 たとえばベトナムやインドネシアの企業の株を買おうと思っても十分な情報がないし、買った結果、国によってはすぐに換金できないといった流動性のリスクをかかえてしまうことになりかねません。
 だとしたら、これらの新興国で積極的な事業を展開しているグローバル企業の株式を買ったらどうでしょう、というのが岩崎さんの提案の一つです。

 『マネー大激震 逆境下の資産運用術』には、未曾有の大災害に見舞われ、不安定な現状における資産運用のアドバイスやノウハウが紹介されています。
 何かあった時に頼りになるのはやはりお金。今のうちにしっかり備えをしておきたいものです。
(新刊JP編集部/山田洋介)



【関連記事】 元記事はこちら
お金を貯めることができない人に見られる“悪い習慣”
お金が貯まる4つの名言
なかなかお金が貯まらない人の特徴とは?
「億万長者」って一体どんな人?