連敗は許されないロメロ。立ち技の打撃が、どれだけ成長しているか

写真拡大

25日(月・現地時間)にUFCより、9月24日(土・同)にコロラド州デンバーのペプシ・センターで行われるUFC135「Jones vs Rampage」で、ライトヘビー級戦ジェイムス・テフナ×リカルド・ロメロが組まれることが発表された。

UFCでは1勝1敗ながら、米国MMA界東の人材育成ナンバーワンイベント=リング・オブ・コンバットでヘビー級とライトヘビー級のベルトを巻いているロメロ。キャリア13戦で11勝、うち5試合がサブミッションで勝利というグラップラーで、ポジションを取ってからの打撃でTKO勝ちという勝利パターンも持っている。

ただし、前回のカイル・キングスベリー戦では、打撃戦での脆さを露呈しており、得意の展開に持ち込むまでに課題が残っているのも確かだ。

一方、オーストラリア在住のキウイ=テフナはキックの経験もあり、勢いのある打撃攻撃を持つ。と同時に腰が強く、レスリングにも長じているテフナだけに、ロメロにとって苦手な相手といえなくもないが、テフナにはテイクダウン以降に穴がある。

倒したあと、あるいは倒されたあとの柔術的な動きはぎこちなく、特にガードワークは弱点といえる。そのためにフェンスを掴む行為も見られるテフナは、何としても立ち技で勝負を決めたいところだ。

ロメロ、テフナともに長所&短所がハッキリしているだけに、勝者を占うには前回の試合からいかに穴を埋めてきたかが、重要な要素になるだろう。