1994年〜1996年にかけてエニックス(現スクウェア・エニックス)の「月刊Gファンタジー」で連載された、夜麻みゆき原作の「レヴァリアース」の無料配信が予定されていることを先日お伝えしましたが、ついに配信が開始されました。

勇者と呼ばれた兄・ザードを殺した邪神竜ディアボロスの仇を討つべく旅をする主人公ウリックと法力国家「アドビス」の王子で虚弱体質の魔法使い・シオンの旅を描いた同作ですが、物語の結末に大きく心を揺さぶられたことがある人も、まだ読んだことがない人も、この機会に読んでみると良いのではないでしょうか。

絶版漫画を無料配信する新たなビジネスモデルを構築したサイト「Jコミ」では、7月25日から「レヴァリアース」全3巻の掲載が開始されています。なお、同作は先日配信が開始された「幻想大陸」と同じ「オッツ・キイム」と呼ばれる世界を舞台としているため、合わせて読むのも一興です。

Jコミ | レヴァリアース


なお、読んだ感想をハッシュタグ「#revery_earth」を付けてツイートすると、みんなで感想を共有できるようになっており、連載当時ではなかなか味わえなかった「ファン同士の連帯感」のようなものを味わうことができるなど、非常に興味深い試みが行われています。

・関連記事
夜麻みゆきの「幻想大陸」が無料配信決定、十六夜とカイ、ジェンド再び - GIGAZINE

夜麻みゆき、4年の沈黙を破って月刊Gファンタジーで執筆再開 - GIGAZINE

「違法絶版マンガファイル浄化計画」が4月12日から始動 - GIGAZINE

ついに本日から赤松健の「ラブひな」コミックス全巻の無料公開が開始 - GIGAZINE

久米田康治の「かってに改蔵」アニメ化決定に赤松健が「なん……だと…?!」と反応 - GIGAZINE

記事全文へ