(株)LIXILは、このたび業界初となるフレーム(框)と複層ガラスの新一体化技術「スマートシナジーシステム」(特許出願中)を採用した、「トステムブランド」のアルミと樹脂のハイブリッドタイプの次世代スタンダードウィンドウ「サーモスH」シリーズを8月1日(月)に新発売する。

「スマートシナジーシステム」とは、複層ガラスとグレイジングチャンネル(サッシとガラスの隙間にはめるゴム材)を嵌合(かんごう)した「専用グレチャン付き複層ガラス」でフレームと複層ガラスを一体化し、フレームとガラスそれぞれ単体ではなく、窓として耐風圧性(強度)や断熱性などの性能と品質を保証することができる業界初の新技術である。「サーモスH」は同技術を採用することにより、従来の窓とはまったく異なったスリムなフレームフォルムを実現、複層ガラス中央部の面積を広くすることで断熱性が向上するとともに、フレームを細くすることで眺望性を高めたスリムなデザインとなった。加えて、高断熱複層ガラスの標準採用、室内側のフレームを隠してしまうフレームイン構造などさまざまな工夫によって、JIS規格2ランクアップとなる最高ランクの断熱性を実現した。