あのゲームクリエイター達が作るソーシャルゲームがモバゲーで! 『スーパークリエイターズ』プレス発表会に行ってきた

写真拡大




ディー・エヌ・エー(以降、DeNA)とAQインタラクティブ(以降、AQI)が行う企画『スーパークリエイターズ』の制作発表が行われました。会場には5人のスーパークリエイターが登壇し、それぞれがソーシャルゲームを作りDeNAが運営しているスマートフォン版『Mobage』に展開すると発表、新企画への意気込みを語りました。

『スーパークリエイターズ』はDeNAが運営するスマートフォン版『Mobage』のアプリケーションを利用し、日本ゲーム産業の礎を築いたクリエイター達がそれぞれのコンテンツを企画開発し、ゲーム業界の更なる活性化を図るという企画。会場にはAQI代表取締役の許田周一さん、DeNA代表取締役社長の守安功さん他5人のスーパークリエイターが登壇しました。

AQI代表の許田周一さんは、「日本のゲーム産業の礎を築いた方々が、ソーシャルゲームという新しい企画に挑戦して頂く。現在、日本のゲーム業界は弱っている。この企画で日本ゲームクリエイターの底力を見せたいのだ」と語りました。その後、5人のスーパークリエイターが紹介されました。

1人目は『ロックマン』シリーズや『鬼武者』シリーズの生みの親、comcept代表取締役の稲船敬二さん。「新しい時代の幕開けだと思う。ゲームを知り尽くした5人が、スマートフォンを利用したソーシャルゲームに参入する。今までの経験を活かした上で、新しいソーシャルゲームを作りユーザーに披露したい」と決意を述べました。ゲーム内容については、「タイトルはもう決まっていて、『JJ・ROCKETS』というゲームを作っていきたいと思う。横スクロールゲームが好きだ。今でもソーシャルゲームで横スクロールはあるが、面白くしようとすれば凝りすぎてソーシャルっぽくないし、シンプルすぎると面白くない。そのバランスを取れたゲームを作る。“稲船の作品”になるようにしたい」と語りました。

続いて登壇したのは『NO MORE HEROES』シリーズや『ファイヤープロレスリング』シリーズを手がけたグラスホッパー・マニファクチュアCEOの須田剛一さん。「我々の生活の中に、ゲームをする時間というのが増えた。我々にとってはチャンスが増えた。この企画はとても良いチャンスだと思う。やるタイトルは1つ、『NO MORE HEROES』を押していく。是非『NO MORE HEROES ロワイヤル』をやりたい(笑)。バイオレンスな表現が多いゲームなので、どこまで出来るかも挑戦だ。短い時間の中で、どう楽しむかがソーシャルゲームの楽しみだと思う」と熱いコメントで語りました。

『ソニック』シリーズ『ファンタシースター』シリーズの生みの親、プロペ代表取締役社長の中裕司さんによると、「スマートフォンというアイテムで、世界中の人が楽しめる作品を作りたい。iPhone用のアンリアルエンジンを使ったゲームを作ってみた。スマートフォン上でのグラフィックがどこまで行けるのかという実験だったのだが、iPhoneやiPadでもコンシューマ機にも負けないグラフィックが再現出来る事が分かった。位置情報連動型の育成形冒険ゲームを作っています」という事でした。

マーベラスエンターテイメント執行役員CCOのはしもとよしふみさんは、「牧場物語が今年で15周年になる。ソーシャルゲームには牧場物が多い……。牧場物語を題材にしながら、友達と繋がる、季節感がある作品を作るつもり。生活に根付いたゲームを作りたい」とチャレンジ精神を語りました。

最後に登壇したクラフト&マイスター取締役船水紀孝さんは、「今まで自分たちがやってきた土俵とは違ったソフトを作らなければと思う。でも、あまり肩肘張らないで素直に作品を作っていきます。僕たちがスマフォ向けに作るキーワード、それは『生ゲー』。新鮮さ、ライブ感を大事にするという意味を込めて“生”。今まで作ってきたアーケードゲームに感覚は近いと考えている。日々変わるユーザーの好みや難易度設定を活かして行きたい。あとは弊社HPで(笑)」とこれからの企画について語りました。

5人のスーパークリエイター達の後に登壇したのはDeNA代表取締役社長の守安功さん。「この企画は、私自身が一番楽しみな企画だった。私はコアゲーマーというわけではなかったが、ゲームファンとして色んなゲームを楽しんできた。私が楽しんだゲームを作った人達に、モバゲーのゲームを作ってもらえるというのが楽しみ」と新企画へ期待を語りました。また、ソーシャルゲームについて言及し、「ソーシャルゲームの市場は凄い勢いで拡大している。我々がソーシャルゲームに参入してからまだ2年経っていない。
日本で一番人気のある『怪盗ロワイヤル』、弊社で作ったこの作品は一年間の売り上げが300億円。そのくらい大きな規模になってきている。スマートフォンになると、操作性・グラフィックスが格段に良くなる。世界でナンバーワンを目指していく」とこれからの展開への熱い思いを語りました。

『スーパークリエイターズ』企画で作られるゲームは、スマートフォン用アプリケーション『Mobage』で随時発表されます。年内にゲームの提供開始を目標にしているようなので、要チェックです!

■関連記事
ガジェット通信がAndroidスマートフォンで読めるアプリになりました
「原子力損害賠償支援機構法案」成立で国民負担はどれくらい増える?
東京ドームで節電体験 節電しながらタダで野球観戦ができる! シュール過ぎる……
動画の連続再生やレジューム機能、タイトルのカバーフロー表示など使い勝手の良い機能が光る動画プレーヤー『MovieOn Player』
Samsung Galaxy R(Galaxy Z)のデモ動画が公開