110721_moriyama_main

写真拡大 (全2枚)

8月6日から9月24日までの期間、タカ・イシイギャラリー京都と小山登美夫ギャラリー京都にて、共同企画展「森山大道×蜷川実花」が開催される。

写真:森山 大道 「タイツ」 1987-2011 年 B&Wプリント©Daido Moriyama/Courtesy of Taka Ishii Gallery

タカ・イシイギャラリーでは、森山大道の80年代を代表する写真作品「美しい写真の作り方・6下高井戸のタイツ」20点(すべてモダン・プリント)を展示。『写真よさようなら』(1972年)以降、自身が「写真との肉離れ」と語るスランプに陥った森山は、「光と影」シリーズにより、「写真とは何か」という問いに答えを見いだし、再び写真を撮る日々を取り戻した。今回展示される作品は、「犬の記憶」シリーズ、「仲治への旅」シリーズ、「DOCUMENTARY」シリーズと並び、見事に復活を遂げた森山の、80年代の旺盛な撮影意欲が感じられる作品群の一つでもある。対して、小山登美夫ギャラリーに展示される作品は、7月20日に発売される蜷川実花の写真集「月刊MEN SPECIAL 窪塚洋介 NOWHERE」(税込価格:3,200円)に収録されている作品だ。俳優業だけでなく様々な分野で活躍する窪塚洋介を蜷川実花が撮った、「共犯関係の二人が創った写真世界」は、私たちにどんな表情を見せてくれるのだろうか。

モノクロ写真が代表的な森山大道に対して、独特な色彩が特徴の蜷川実花。一見、正反対に位置するような二人の写真だが、観る者の心に訴えかける強烈なインパクトや、彼らが切り取った世界でしか見ることができない美しさを内包しているという点では、共通している。今回、京都で初めて実現した時代を挑発する二人の写真家の二人展。8月6日には森山、蜷川によるトークイベントも開催されるので、こちらもお見逃しなく。

写真:蜷川 実花 窪塚 洋介 ©mika ninagawa/Couurtesy of Tomio Koyama Gallery

■「森山大道 x 蜷川実花」
会期:2011年8月6日(土)〜9月24日(土)
会場:タカ・イシイギャラリー京都 /小山登美夫ギャラリー京都
   京都府京都市下京区西側町483番地(西洞院通/新花屋町通 西南角)
料金:入場無料 火曜-土曜/11:00-19:00 日・月・祝休業

■森山大道 x 蜷川実花 トークイベント
日時:8月6日(土)18:30 - 19:00
会場:タカ・イシイギャラリー京都 /小山登美夫ギャラリー京都
モデレーター:清水穣氏(美術評論家)
申込み方法:7月5日(火)- 27日(水)の期間中、メールにて応募。
  宛先: kyoto@tomiokoyamagallery.com
  件名:森山 x 蜷川 トークイベント申し込み
 ※抽選にて合計80名を招待


■関連記事
ジェイ・Zら大物ミュージシャンにマイケル・ジャクソン追悼コンサート出演依頼
Paris Design Week誕生!
ニューヨークの最先端ムーブメントが此処に!期待の新人、iO個展
記憶を繋ぐ世界 WAO〜記憶の森〜
60年代の草間彌生の世界「ボディ・フェスティバル in '60s 展」