20年以上にわたって「アイビー・スタイル」の原点となるキャンパスを撮り続けた写真家・林田昭慶(はやしだ あきよし)氏の写真集「TAKE 8 IVY」が出版された。1965年出版のオリジナル誌「TAKE IVY」の復刻版で、アイビーリーグ8大学に通う学生達のファッションやキャンパスライフを収録。ファッション評論家の伊藤紫朗(いとう しろう)氏の解説が加わり、メンズファッションの教科書としても価値の高い一冊となっている。

アイビースタイル決定版「TAKE 8 IVY」の画像を拡大

 「Ivy League(アイビーリーグ)」とは、アメリカ東部・ニューイングランド地方にある名門私立大学8校(ハーバート、イエール、ペンシルベニア、プリンストン、コロンビア、ブラウン、ダートマス、コーネル)の連盟。学生達は3つボタンのジャケットやコットンのボタンダウンシャツ、素足にローファーといったスタイルをまとい、総称して「アイビー・ルック」と称した。日本国内でも、日本メンズファッション協会最高顧問だった故石津謙介氏が立ち上げたブランド「VAN(ヴァン)」が火付け役となり、ライフスタイルや思想に大きな影響を与えた。ファッション史の中でも、「みゆき族」と呼ばれる若者を生み出し、特に1960年代から70年代にかけて一大ブームを巻き起こしたことは有名だ。

 2011年6月に発売された「TAKE 8 IVY」は、写真家の林田昭慶氏が1960年代からアイビーリーグのキャンパスや学生達を撮り続けてきた写真集「TAKE IVY」のリニューアル版。1965年出版のオリジナル誌は8校のうち6校のみの掲載だったが本作は全校を網羅し、5,000枚以上にものぼる膨大な写真のなかから選び抜いてまとめられた集大成。ファッションプロデューサーで評論家の伊藤紫朗氏の執筆によって21世紀の視点から捉え直され、「アイビー・スタイル」の決定版となってる。価格は2,300円(税抜き)で、万来舎より発売中。