2009年6月に刊行されて以来、2年の間に11刷りまで増版を重ねている書籍『名言力』(ソフトバンククリエイティブ)。「人生を変えるためのすごい言葉」を集めた本書の著者・大山くまお氏は、私たちの仕事についての悩みが一昔前と現在では違ってきていると話します。

 「一昔前の仕事についての悩みとは、出世できない、上司や同僚とうまくやっていけない、部下が言うことを聞いてくれない......などといったものでした。しかし、それはほとんどの人が学校を卒業したら就職し、働くことによってお金を稼ぐのが当たり前という認識が前提になっていた時代のこと」と大山氏。この前提が崩れ去ってしまった現在、仕事に対しての新しい悩みが生じてきているのだそうです。

 その新しい悩みとは、「やりたい仕事が見つからない」、「新しい仕事に挑戦できない」、「働くことに意味を見出せない」というようなもの。しかし、このような悩みを抱えてしまうと、仕事に就けない、あるいは仕事が長続きしないという状態に陥ってしまいます。

 また、職に就いても、仕事の壁に突き当たったり、仕事に失敗してしまったりするのはよくあること。しかし、上司や会社は、終身雇用制度が生きていた時代ほど社員の面倒を見てくれません。「同僚たちとの連携も昔ほど盛んではなく、今の時代は自分の失敗のフォローは自分でしなければいけないのです。そこから自力でうまく立ち直ることができないと、心の病にかかってしまったり、そのまま職を失ってしまうことにつながりかねません」と大山氏は指摘しています。

  "個人のスキルを高める"といった触れ込みのビジネス系自己啓発本が次々とベストセラーになる背景には、「多くの人が仕事の悩みを誰にも相談できないまま抱え込んでしまう......」といった事情があるのかもしれません。

 そこで、名言や格言に注目し、ビジネスマンをサポートするアプリの配信がこの夏からスタートしました。そのアプリとは、「きせかえカレンダー」から配信される『THE NEWS』。その中のコンテンツのひとつである「使えるビジネスつぶやき」は、各界で成功している人たちの名言や格言を毎日ひとつずつ届けてくれます。例えば、次のような一言。

●点と点の繋がりは予測できません。あとで振り返って、点の繋がりに気付くのです。今やっていることがどこかに繋がると信じてください。(スティーブ・ジョブズ)

●毎日がつまらない人は、「このままでいい、世界はいつも同じだ」と決めつけている人なんです。(養老孟司)

●人間というのは、「自分が自分として生きるために働く」のです。「自分が社会の中で生きていていい」という実感を持つためには、やはり働くしかないのです。(姜尚中)

●小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。(イチロー)

●どんな仕事でも「得意です!」と答えて、受けてから勉強するようにしていました。(リリーフランキー)

 ビジネスマンをサポートする同アプリは、この「使えるビジネスつぶやき」のほかにも、"クラウド"や"スマートグリッド"などの世の中で急速に使われ始めたキーワードを解説する「今さら聞けない時事ワード」や、旬の経済ニュースを写真付きで毎日配信する「使えるビジネスニュース」など、徹底してビジネスマンをサポートする情報を提供します。

 もし、あなたが今仕事につまずいていたとしたら、名言や格言をはじめとするこれらのコンテンツから、困難を解決するための力を得られるかもしれません。


【THE NEWS ダウンロード方法】
Android、iphoneの両フォーマットに対応。それぞれのアプリマーケットから「きせかえカレンダー」をダウンロードし、ニュースカテゴリから選択。ダウンロード方法の詳細はこちら



『今こそ、「名言」「格言」から学ぶべき時代?』
 著者:
 出版社:ソフトバンク新書
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『『モーニング』編集長 島田英二郎さんの本との付き合い方』(2011年7月13日07:18)
『"若きパンダ博士"藤岡みなみ、イケメンパンダの条件は「つむじが重要」』(2011年7月13日06:55)
『構想25年のSF小説で快挙なるか 直木賞候補作『ジェノサイド』』(2011年7月12日09:00)


■配信元
WEB本の雑誌