荒木飛呂彦『岸辺露伴 グッチへ行く』イラストカット (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

写真拡大



1981年のデビュー以来、本年で画業30周年を迎える荒木飛呂彦氏と、ブランド創設90周年を迎えるグッチ、両者のダブル・アニバーサリーイヤーとして、奇跡のコラボレーションが実現する。
荒木飛呂彦氏がオールカラーで描き下ろす読み切り短編『岸辺露伴 グッチへ行く』が「SPUR」10月号(2011年8月23日発売)の別冊付録で登場する。

荒木飛呂彦氏が女性ファッション誌に作品を発表するのは今回の企画が初めて。

『岸辺露伴 グッチへ行く』は、『ジョジョの奇妙な冒険』第4 部のキャラクター・岸辺露伴が活躍するスピンオフ作品。

イタリア・フィレンツェの地に降り立った“リアリティを追求する漫画家”岸辺露伴が、祖母の形見のバッグを携え、グッチの工房へ向かうところからストーリーが始まり、イタリアの誇りであるグッチが90年に渡って培ってきた伝統と革新のスピリットに迫る、奇跡のコラボレーション作品となっている。

■雑誌「SPUR」
1989年9月創刊。ファッション、ブランド、モードの情報を幅広く扱った、毎月23 日発売の日本発の月刊モード誌。

「SPUR」9月号
発売日:2011年7月23日
定価:750円(税込)
「SPUR」9月号 表紙 (C)「SPUR」2011年9月号/集英社

■荒木飛呂彦プロフィール
1960年6月7日、宮城県仙台市生まれ。双子座、B型。
1980年、「週刊少年ジャンプ」第20 回手塚賞に『武装ポーカー』で準入選。同誌の1981 年1 号にて同作品でデビュー。
1983年42号の『魔少年ビーティー』で初連載。1984 年45 号より『バオー来訪者』を連載。
1987年1・2合併号から「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートした『ジョジョの奇妙な冒険』は読者からの絶大な支持を獲得。月刊コミック誌「ウルトラジャンプ」5月号でジョジョシリーズ第7 部『スティール・ボール・ラン』が完結し、2011年5月19日発売の「ウルトラジャンプ」6月号から第8 部となる『ジョジョリオン』の連載をスタート。
2011年、執筆30周年を迎え、さらに活躍の場を広げています。

○『ジョジョの奇妙な冒険』作品紹介
「週刊少年ジャンプ」1987 年1・2 合併号から連載がスタートし、現在も「ウルトラジャンプ」誌上で連載が続く荒木飛呂彦氏の代表作。ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーという二人の少年の出会いから始まるジョースター家の血縁と因縁を描く大河作品で、第1部から第8部まで部ごとに主人公が代替わりしていくという、独特の手法で描かれている。シリーズの累計発行部数は7,500万部以上。
印象的なポージング、斬新な擬音、独特の台詞まわしと世界観は読者のみならず、幅広いクリエイターたちにも支持されている。

○[JOJO.com]:http://www.araki-jojo.com/

(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社