ユニクロ、NY空中公園「ハイライン」にローラースケート場と限定店オープン

写真拡大

 「UNIQLO(ユニクロ)」が、アメリカ・ニューヨークの空中公園HIGH LINE(ハイライン)下に新設されるローラースケート場「HIGH LINE RINK(ハイラインリンク)」を提供し、場内にポップアップストアをオープンすることが明らかになった。オープン期間は7月28日〜9月26日を予定している。

NYにユニクロのローラースケート場オープンの画像を拡大

 ハイラインは、マンハッタン南西部のチェルシー地区ガンズヴォート通りから西34丁目まで約2キロに渡る高架鉄道の線路跡地を再生して作られている公園で、広さは約3700平方メートル。地上9メートルの高さに位置することから"空中公園"と呼ばれている。2009年6月のオープン後も開発が進み、散策路や展望台、サンデッキなどが設置されるなど、市民の憩いの場や観光スポットとして親しまれている。

 「UNIQLO」が提供するマンハッタンで唯一の屋外ローラースケート場「HIGH LINE RINK」は、ニューヨーク10番街と30丁目角を通るハイライン下にある広場Lot(ロット)内に設営され、広さは約740平方メートル。子供から大人までローラースケートやローラーブレードが楽しめる施設で、利用料はレンタルシューズ込みで13歳未満の子供が10ドル、大人が12ドル。オープンを記念して、初日の7月28日と29日の2日間に限り先着500人が入場料無料になる。

 場内には光るキューブ型の「UNIQLO」ポップアップストアが出現。カシミア製品やヒートテックなどのインナーウェア、日本のマンガやバービーなどのキャラクターとコラボレーションしたTシャツライン「UT」など、「UNIQLO」の代表的なアイテムの販売が予定されている。なお、「UNIQLO」は2011年秋にニューヨーク中心街へ新たに2つの大型店の出店を予定。いずれも1,000坪超のメガストアとなる計画だ。