【社会人編】「『サラリーマン』と聞いて連想すること」ランキング−電車での姿は「みんな疲れきっている」!

写真拡大

サラリーマンと聞いてすぐに思い浮かぶものは、何でしょうか? 社会人にとっては、自分自身も含めた、ごく身近な存在という人が多いのではないでしょうか。今回は「『サラリーマン』と聞いて真っ先に連想すること」について、社会人1,000名に聞いてみました。

Q. 『サラリーマン』と聞いて真っ先に連想することは何ですか?
1位 いつも疲れている 44.9%
2位 おっさん 14.8%
3位 自立したカッコいい大人 12.7%
4位 マジメな人 6.0%
5位 ネガティブな発言が多い 4.1%

■「いつも疲れている」を連想する人は……
・「朝夕問わず、電車内で見るサラリーマンはみんな疲れてるから」(28歳/女性/商社)
・「生き生きと自発的に仕事に取り組んでるというよりは、働かされてる感が大きいので」(26歳/男性/サービス業)
・「いろいろなしがらみで、いつでも頭の片隅に仕事のことがあるから」(26歳/男性/官公庁)

■「おっさん」を連想する人は……
・「社会人でも、疲れているおっさんはサラリーマンというイメージ、若い子はフレッシャーズというイメージ」(26歳/女性/マスコミ)
・「良くも悪くも、家庭のために働いているおっさんのイメージが強い」(24歳/女性/運輸)

■「自立したカッコいい大人」を連想する人は……
・「周りの先輩たちを見てると、責任感を持ち仕事に取り組んでおり、憧れるから」(22歳/男性/IT)
・「時間管理も人づきあいもうまく、バリバリ働いている人が周りに多いから」(28歳/女性/医薬品)

■「マジメな人」を連想する人は……
・「今まで会ったサラリーマンは基本的に真面目な人ばかりだったので」(24歳/女性/金属)
・「社会のために汗を流しているイメージ」(30歳以上/男性/土木)

■「ネガティブな発言が多い」を連想する人は……
・「この人、何のためにこの仕事をしているんだろうと疑いたくなるくらい、ネガティブ発言が多い」(30歳以上/女性/団体)
・「常に営業成績やミスを気にしているから」(25歳/男性/金融)

総評
「自分のまわりが○○だから」という、リアルなコメントが目立った今回の調査。過半数近くを占めた1位の「いつも疲れている」を選んだ人からは、「疲れているのを日々職場で見ている」、「上司にこき使われて働きすぎ」など、まさに身近なサラリーマンの姿にダブらせたコメントが多数を占めました。一方で、3位の「自立したカッコいい大人」や、惜しくもランク外となった「情熱的な人たち」を選んだ人の中には、「自分の上司がそうです」と、やはり身近な存在をリスペクトしている発言も。「自立したカッコいい大人」……目指したいものですね!(文・藤本ゆうこ)

調査時期:2011年2月10日〜2月16日
調査対象:COBS ONLINE会員
調査数:社会人1,000名
調査方法:インターネットログイン式アンケート



■関連記事
「『この人デキる!』と思ってしまう勝手な先入観」ランキング
「ありがちな上司の困った行動」ランキング
会社で学歴は関係ある?