営業マンは覚えとこう!「靴ひも」が解けにくくなる裏技

写真拡大

みなさん、今年の夏はボーナス出ましたか? この時期は、財布の中身にも余裕がありますし、あちこちのお店でもセールを開催しているので、思わずスーツを新調しちゃったり、普段買えないようなブランドのネクタイを買ったりして、つい散財しちゃいますよね。

さて、そんな時期にいつも困るのが、新しい靴の「靴ひも」が解けやすいこと。ただでさえ買ったばかりの靴の靴ひもは、まだまだひも自体が硬くて解けやすいんですよね。特にサラリーマンのみなさんが履く「革靴」の靴ひもは、もはやひもとは呼べないぐらい、ワイヤーのようにカチカチ。結んでも結んでも、すぐに解けてしまってイライラ……なんて思いをしている方々も多いと思います。

そこで今回は、靴ひもが解けにくくなる裏技をご紹介しましょう。もちろん革靴だけじゃなくて、スニーカーなんかの他の靴ひもにも使えます。全く解けなくなる……というわけにはいきませんが、著者はこの裏技を教えてもらってから、1日2回は結びなおしていた革靴の靴ひもが、2週間に1回結び直す程度にまで、解ける頻度が激減しましたよー。

こちらの画像を御覧ください。まずは、靴ひもを普通に「ちょうちょ結び」してください。次に、結び目の下から出ているひもを、写真の矢印の方向に一本ずつギューっと引っ張ります。これだけです。原理はよくわかりませんが、どうも結び目が上から下から引っ張られることで、より強固な結び目になって解けにくくなるようです。

コツは、下のひもを引っ張ったときに上のちょうちょ結びが解けてしまわないように、結び目部分を指でしっかりつまむこと。そして一度で終わらせず、下から引っ張るのが終わったら上のちょうちょ部分を引っ張り、また下のひもをひっぱり…と何度か繰り返すこと。繰り返すほどに結び目が硬くなっていきます。

せっかくのボーナスで買った新しい靴も、靴ひもが解けて何度も結びなおしていては、気分も台なしですよね。靴ひもで困っているそこのあなた、騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか?

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「増田不三雄」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
サラリーマンとして働きながら、職場のトレンドや問題を追いかけています。

■関連記事
OLたちの間で広まる「NHKアナウンサー萌え」って?
レディ・ガガの年収“72億円”ってどれだけすごいの?
【チェックシート付き】あなたは“社畜”? それとも“家畜”? サラリーマンの生き方は二極化へ
震災後に注目を集める新しい働き方『分散型オフィス』まとめ
あなたはどうする?「低年金社会」を生き抜くための老後3パターン