震災を機に人間関係に変化が生じ、家族、友人、恋人との“絆”がより強まったことが分かった。電通総研が、全国20代〜60代男女個人1200人を対象に「震災をきっかけとした人間関係の変化」について調査を実施した。

 震災を機に「これまで以上に大切にしようと思った人間関係」はあるかとの問いに、女性80%、男性68%が「ある」と回答した。

 「大切にしようと思った」相手は、「親」が54%と最多だった。 次いで「配偶者」「子ども」「兄弟姉妹」と続き、”家族との絆”を再認識する結果となっている。

 震災をきっかけに結婚を決断した”震災婚”という言葉も登場したが、独身で「恋人」をあげたのは、女子23%、男子19%だった。

 既婚者では、「親」「兄弟姉妹」よりも「配偶者」が上回る結果となった。 また、小学生以下の子どもがいる父親・母親は「子ども」がもっとも高かった。特に母親の9割が「子ども」と回答している。

 「改めて見直したり、距離をとるようになった人間関係」はあるかという問いには、男性の22%、女性では16%が「ある」と回答。相手としてあげられたのは、「不適切な男女関係」「過去の恋人」「ネットでのバーチャルな友人」「旧友」などだった。

 同社では「震災は、家族や友人との“絆”意識を顕在化させ、一方で、震災をきっかけとした離別もみられ、人間関係に大きな影響を与えたことがうかがえる。『自分にとってほんとうに大切な人はだれなのか?』を問い直すきっかけに。人間関係の再構築がはじまっている」と分析している。

 また、「『婚活』時代」の著者でジャーナリストの白河桃子氏は、今回の調査結果について「(震災後)なぜ結婚が増えるのかといえば、今まで結婚を先延ばししていたカップルが動いたためだ。続くと信じていた安心や安定のベースが、自然災害だけでなく、原発事故やそれに続く政府や日本というシステムそのものへの信頼感への失墜、経済の揺らぎ等、さまざまな要因で崩れてしまった。明日が昨日、今日の続きではないとわかった以上、先延ばしする必要がなくなったのだ」とコメントしている。

結婚式で変わる? 変わらない?
ワーク・ライフ・バランスを実感する残業は2時間以内
20〜30代のパパ、休日の子育ては1日「7時間」

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。