北朝鮮が“体制批判デモ”の本場中国から、住民の抗議行動を想定した鎮圧グッズを大量購入していることがわかった。
 「今年4月、人民軍作戦局長出身で金正恩の最側近と目される李明秀が、警察庁長官格である人民保安部長に電撃的に任命されて以降、住民抑圧の動きが顕著に表れるようになりました。中国から買い込んだ鎮圧装備は、李部長が昨年から各道・市・郡別に組織した『特別機動隊』に支給されるものと見られます。ただし、イザというときに使用するかは疑問ですが」(北朝鮮ウオッチャー)

 過去に北朝鮮で起きた最大の暴動は、飢餓時代の最終年である'98年の「黄海製鉄所・労働者蜂起」事件だ。製鉄所幹部が、労働者に食糧を与えるため資材を無断で搬出したことが発覚し処刑され、これに抗議する工場労働者が大挙して抗議行動を行ったために軍が出動、暴動を鎮圧したという一件である。

 鎮圧に使われたのは戦車。もちろん労働者はほぼ全員が轢死、射殺された。
 「北朝鮮は脱北者をも公開処刑する血も涙もない国です。催涙弾を撃つほどの大規模なデモが起きれば、戦車や銃を装備した軍を動員し、無慈悲な弾圧を絶対に行う。仮に中東のような反政府デモが起きれば、一般的なデモ鎮圧の装備を使用する可能性はゼロに等しく、即重装備の軍を投入し、皆殺しにするに違いない。グッズ購入は、住民蜂起阻止へのデモンストレーションにすぎません」(同)

 中古品を買い入れ、展示しているだけという説もある。庶民は腹が減って暴動を起こす元気がないことを、かっぷくのよかった将軍様と堂々たる体躯の正恩様はよくご存じなのだ。


■関連記事
日本が射程圏内に入った北朝鮮の小型核弾頭
金王朝瓦解の兆しか 北朝鮮 女性の間で流行る豊胸、整形、イヤリング(2)
金王朝瓦解の兆しか 北朝鮮 女性の間で流行る豊胸、整形、イヤリング(1)