ソニー・エリクソン肝いり? ケーブルの抜き差し不要な『Xperia arc』専用クレードル

写真拡大




サンコーは、NTTドコモのAndroidスマートフォン『Xperia arc SO-01C』を置くだけで充電できる専用クレードル『CRADLE FOR XPERIA Arc』を発売しました。価格は2980円(税込み)です。

シリコンカバーに内蔵したコネクタを接続
本体の側面上部にmicroUSB端子がある『Xperia arc』には、これまで置くだけで充電できるクレードルがありませんでした。充電にはmicroUSBケーブルを抜き差しする必要があり、暗い場所などでは分かりづらく面倒。サンコーは、専用のシリコンカバーに内蔵したmicroUSBコネクタを本体に接続することにより、カバーをかぶせた状態でクレードルに置くだけで充電を可能にしています。クレードルをmicroUSBケーブルでパソコンに接続すれば、『Xperia arc』とパソコンを同期することも可能。

同社によると、ソニー・エリクソンから「新機種用のクレードルを作ってみませんか?」と連絡があり、開発をスタートしたとのこと。発売前に実機を貸与されるなどの協力を受ける、ソニー・エリクソンの“肝いり”企画だったようです。ソニー・エリクソンが2011年の第3四半期以降に発売する『LiveDock』もケーブルの接続が必要になるようなので、ケーブルの抜き差しにウンザリしている方はこちらをチェックしてみるのがオススメです。

『CRADLE FOR XPERIA Arc』主な仕様
カバーサイズ:W70×D134×H14mm
クレードルサイズ:W93×D40×H37mm
USBケーブル長さ:95cm
カバー重量:41g
クレードル重量:66g
インタフェース:microUSB(Aタイプ)
入力、出力:5V、500mA

■関連記事
Sony Ericsson、Android向けアクセサリー”Smart Extras”2製品を発表
ジュラルミンの削り出しが美しい『ソリッドバンパー』に『Xperia arc』用が発売へ
NTTドコモが『Xperia arc SO-01C』のバージョンアップを7月6日実施へ 9日発売の『Xperia acro』でその内容をチェック
『Xperia』とBluetooth連携して更新情報をチェックできるガジェット『LiveView』が日本でも発売へ
レディー・ガガとポラロイドがコラボしたスマートフォン連携プリンタ『GL10 インスタントモバイルプリンター』発売へ