宇佐美がバイエルン入団会見「自分の強みを生かす。なでしこを見習いたい」

写真拡大

 ガンバ大阪からドイツ、バイエルンへ期限付き移籍した日本代表MF宇佐美貴史が現地18日、ミュンヘンの本拠地で入団記者会見を行った。

 ドイツ語で「名前は宇佐美貴史、貴史と呼んでください」と自己紹介した宇佐美は、バイエルンの印象と新天地での抱負を次のように語っている。

「ボールを持ってからのプレーが自分の強み。それを生かすプレーをしたい。できるだけたくさん試合に出て、たくさんのゴールを奪いたい」

「クラブの印象はとてもポジティブなもの。バイエルンのレベルはとても高いと、前から考えていた。その印象が正しかったことは最初のトレーニングでも証明された。特に、(フランク)リベリーと(アルイェン)ロッベンには一番強い印象を受けた」

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司について「ライバルとして捉えていきたい」と話した宇佐美は、ドイツで開催された女子ワールドカップでのなでしこジャパンの優勝についても触れ、「日本がタイトルを勝ち取ったことを誇りに思う。最後まであきらめずに戦う姿は自分も見習いたい」とコメント。なでしこジャパンの活躍に刺激を受けたと語っている。

写真:Bongarts/Getty Images

【関連記事】
宇佐美がバイエルンと正式契約…シュヴァインシュタイガーも歓迎
宇佐美、ドイツへ出発「持ち物はスパイクだけ。努力の先にチャンスがある」
バイエルン移籍の宇佐美がゴールとアシストでG大阪に勝利の恩返し/J1第4節
バイエルンが宇佐美を歓迎「日本のスターがミュンヘンに到着」
宇佐美、乾に欧州が関心。レオナルドとクロートが語る「日本人選手の価値」とは