愛知教育大学で個人情報入りUSBメモリーが紛失して謝罪

写真拡大

国立大学法人・愛知教育大学で、個人情報入りUSBメモリーが紛失していた事がわかりました。愛知教育大学は公式サイトで紛失に対する謝罪文を掲載し、再発防止を徹底すると発言しています。

このUSBメモリーには、学生が217人、大学教員が21人、職員が13人の計251人分の個人情報が入っていたとのこと。その内容は氏名、所属、メールアドレスなどで、教員の一部は住所と生年月日、そして経歴等も記録されていたそうです。

学生217人の情報が漏れたとはいえ、住所や電場番号は記録されていなかったようなので不幸中の幸いといったところでしょうか? 愛知教育大学の学長は、次のように状況とお詫びを公式サイトでコメントしています。

<個人情報が入ったUSBメモリーの紛失についてお詫び>
このたび、本学職員の不注意により、学生及び教職員の個人情報を保存したUSBメモリーを学内で紛失するという事態が生じましたので、取り急ぎお知らせします。紛失したUSBメモリーの個人情報は学生217人、大学教員21人、職員13人の計251人分の氏名、所属、メールアドレスなどで、教員の一部については、住所、生年月日、経歴等も記載されていました。7月11日(月)に職員が紛失に気づいたものです。遺失物として探していますが、本日現在,所在が確認できておらず、また、情報漏洩などの事実も確認されておりません。多大なご迷惑をおかけしました該当者の方々には、ここに謹んで深くお詫び申し上げます。今後はこのようなことが起きないよう再発防止に全力を尽くす所存です
※愛知教育大学公式サイトより引用掲載しました

あくまで学内での紛失であり、誰かに盗まれたり悪用されたなど、そのような情報は入ってきていません。USBメモリーやSDカードは小さくてなくしやすいので、もしかするとどこかにヒッソリと置いてあるかもしれませんね。早期の発見を願いたいものです。

画像: 愛知教育大学

■関連記事
「傍観者であることは賛成しているのと同じ」原発のこれからを考えるために見ておきたい映画3選
“なでなで機能”に“赤ちゃん言葉機能”? 進化する『アイドルライブチャット』の楽しみ方
HTC Google + (plus) に特化した Android スマートフォンを開発中?
屋外アニソンDJイベント『Re:animation』レポート
まさかの水没時も安心 各種スマートフォン対応IPX7等級防水ケース『Krusell SEaLABox XL』