屋外アニソンDJイベント『Re:animation』レポート

写真拡大

7/17(日)、世界最大級の繁華街、新宿・歌舞伎町の旧コマ劇場前“シネシティ広場”にて、アニメとクラブカルチャーが融合する超都市型屋外音楽イベント「Re:animation2」が開催された。

11時から21時までの計10時間に渡り音楽が鳴り響き、35度を超える真夏の屋外という過酷な条件下にも関わらず、熱中症による要救護者0人と大きなトラブルもなく、1300人を超えるオーディエンスが集まった。


雲ひとつない真夏の炎天下にも関わらず熱狂するフロア

11時の開演とともに、DJ「ちゃーりー」による「青い栞」で始まり、アニソンの原曲・リミックス、アニメのサウンドトラック、ハウス、トランス、テクノ、ロックの数々のアンセムが14組のDJによってかけられた。
この日のトリを務めた「後藤王様」がラストの曲に選んだ「secret base 〜君がくれたもの〜 (10 years after Ver.)」では、会場が一体となり、大合唱の渦に。

超満員を迎えた会場上空からの撮影

普段はクラブミュージックを聞く機会のなかったアニメファンが、四つ打ちに身体を揺らしはじめ、徐々にのって行ったり、アニメソングでのあまりの盛り上がりに、驚きながらも楽しむクラブミュージックファンがいたり、アニメとクラブカルチャー、両方をフラットに楽しめる場所がそこにはありました。

放水を浴びながらも踊り続けるオーディエンスたち

DJからも水分補給のアナウンスが幾度と無く繰り返された

ま、現地に足を運べない人に向け、Ustream中継も行い、のべ視聴者数は5500を越えました。(当日のアーカイブは以下URLより参照可能)
http://www.ustream.tv/channel/avss-ch/videos

Re:animation代表 ちへのコメント
「前回開催時の二倍近いオーディエンスが集まり、熱中症などのトラブルによる当日のイベント中止の懸念もありましたが、78人の運営スタッフ、新宿区の歌舞伎町タウン・マネージメントの皆様、そして、参加者一人一人がイベントを楽しみながらも、水分補給の声かけを自発的に行っていただくなど、多大なサポートをいただいた結果がイベント成功につながったと思っています。今後も、是非皆さんに楽しんでいただけるイベントを開催できればと思っています!」

※本稿は「Re:animation」さんからの寄稿です。

■関連記事
まさかの水没時も安心 各種スマートフォン対応IPX7等級防水ケース『Krusell SEaLABox XL』
海の日に深海の世界へ! Google Earthで『しんかい 6500』ツアーを体験
人気爆発で品切れ続出の「ベランダ太陽光発電機」を買ってみた!
汗そのものをバラのようなイイ香りにしてしまうという新発想の暑さ対策
「霞が関は“人材の墓場”」“戦う官僚”古賀茂明氏が覚悟の証言『官僚の責任』をPHPより発刊