海の日に深海の世界へ! Google Earthで『しんかい 6500』ツアーを体験

写真拡大




Googleは、海の日を記念して有人潜水調査船『しんかい 6500』ツアーを『Google Earth』にて公開。地表の約7割を占める広大な海の底に広がる、未知の世界をリアルに体験できるバーチャルな冒険を提供しています。

『しんかい 6500』は、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)が所有する有人潜水調査船。その名の通り、6500メートルの深海まで潜ることができる船は世界でも数少なく、世界各地の海底で地形・地質・深海の生物の生態調査を行っています。『しんかい 6500』ツアーは、海洋研究開発機構の協力を得て過去の海底探索の貴重な記録をもとに制作したものです。

Google Earth『しんかい 6500』ツアーさまざまな調査機器を備えたコックピットも忠実に再現。海底から超高音の水が吹き出す熱水噴出孔、過去の任務で出会ったアカギンザメやカッパクラゲなどの深海生物を見ることができます。『しんかい 6500』ツアーを楽しむには、KMLファイルをダウンロードする必要があります。

文部科学省『深海ワンダー』『しんかい 6500』の海底探索の疑似体験といえば、文部科学省が制作した『海底ワンダー』もよくできたコンテンツです。こちらは人工頭脳“ジュール”とともに海底を調査し、見つけた深海の生物たち写真にとって“報告書”を作成するという内容。水深、水温、水圧の各メーターが表示され、レバーを動かして潜水艦を操作しているような感覚を楽しみながら、深海の生物たちの生態を知ることができます。夏休みに子どもと一緒に遊びながら学ぶのにぴったりだと思いますよ。

Google Earth『しんかい 6500』ツアーKMLファイル(※URLを開くとダウンロード開始)
http://mw1.google.com/mw-ocean/ocean/showcase/jamstec/jamstec_tour.kmz

文部科学省『深海ワンダー』
http://www.mext.go.jp/wonder/shinkai/


■関連記事
ニコニコ動画で有名になった自称アイドル片桐えりりか 書類送検され全国的に有名に!
宮城の被災者が空港でワガママ放題 「ヒマなら被災地にボランティアに来なさい…」発言
携帯メールの返事をくれない人で「気づかなかった」って過去形で言う人ってなに? 気づいてるじゃん
片桐えりりか火事騒ぎ 消防署や警察を巻き込んだ販売促進だった?
松本復興相が宮城県知事を叱責しマスコミには「書いたらもう、その社は終わりだから」発言まとめ