【懐かしいゲーム特集】「ポピュラス」(PC版)

写真拡大

とんでもねえ。あたしゃ、神様だよ(画像:amazon.co.jpより)
©エレクトロニック・アーツ


「ポピュラス」は1989年にアメリカのエレクトロニック・アーツからリリースされたシミュレーションゲームです。

プレイヤーは神様となり、地面を動かしたり、雷を落としたりして自分が担当する民族を繁栄させること主な目的となります。そして、充分に勢力が増大したら「騎士」を呼び出し、「ハルマゲドン」を起こして他民族を根絶やしにすることが最終的な目的となります。
「ポピュラス」に見る他民族との関わり方「ポピュラス」のゲームコンセプトは正直、日本人的な発想とはかなり異なります。というのも、自分の一族(民族)の繁栄を目指すというのはともかく、他民族を根絶やしにすることが最終目的という思想がヨーロッパ的な発想に思えます。即ち、日本人的発想であれば他民族について根絶やしにするまで過激な発想が出にくい(共存共栄を目指すか、他民族がいたとしてもせいぜい村八分くらいの発想でしょう)のです。

ここが日本と海外のゲーム的な思想の違いであると思われ、逆に日本のゲームで「ポピュラス」的な発想のゲームが出てくるようになったとしたら、海外のゲームを完全に上回ったと言えると思います。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
ポピュラスDS 特典 アートワーク&テクニックガイド付き

■関連記事
【アニメ】「BLADE」第3話は憧れのフィリピン航路な展開(ネタばれ注意)
【モノポリー】第24回 日本モノポリー協会「名人戦」7月17日開催!
「アルプスの少女ハイジ」BDメモリアルボックスが12月発売決定
【アニメ】「夏目友人帳」第1期CS放映決定!
【ニコニコ動画】ニコ生で、7/19より声優・白石涼子さんのレギュラー番組がスタート!