モバイル、システム開発企業が製品化テックファーム株式会社は7月13日、手指や言語が不自由な障がい者のためのTwitter投稿用iPadアプリ、「息鳥(いきどり)」の配信を開始したと発表した。

アプリは、独立行政法人情報通信研究機構による助成事業として、慶應義塾大学と共同で開発したもので、今回の製品化について、「今後は、より幅広い用途で使用できるアプリを開発したい」としている。
マイクに息を吹きかけ入力操作は、iPadの画面に表示されたキーボードと入力画面を見ながら行う。五十音順に並んだキーボード上をカーソルが自動的に動き、入力したい文字の列にカーソルが合ったら、接続したマイクに息を吹きかける。

マイクは、iPadに接続可能な市販のものを使用することができる。また、息による入力のほか、通常のキーボード入力にも対応している。タイムラインの表示(閲覧)も可能で、自動更新されたタイムラインをスクロールして閲覧する。

販売価格は無料で、iPad用アプリをダウンロードすることができるアップル社のサイト「App Store」から入手して使用する。アプリのダウンロードやTwitterアカウントの新規登録の際は、通常のキーボード入力による操作が必要となるため、障がい者自身がキーボード操作を行えない場合は、介助者などによる入力が必要となる。

▼外部リンク

テックファームホームページ
http://www.techfirm.co.jp/

「息鳥」プレスリリース
http://www.techfirm.co.jp/assets/files/20110713_ikidori.pdf

■関連記事
旬な情報はクチコミから〜ホテル・宿選びの新作iPhoneアプリ提供開始
防犯ブザーと懐中電灯の機能を備えたiPhoneアプリ『Alarm&Light』
みんなで作るレストランガイド「ツイシュラン」がおすすめ 無料
ついにスマートフォンにも進出か!? 『ポケモン言えTAP?』が今夏登場
iPad/iPad2に対応する2.1chスピーカースタンドがサンワサプライから