世界中で記録的な大ヒットとなっている人気映画『ハリー・ポッター』シリーズが、7月15日公開の『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』で最終章を迎えます。すでに行われたワールドプレミアの評判も上々で、公開後は日本でも話題が沸騰すること間違いなしと見られています。

 そんな『ハリー・ポッター』シリーズの本を日本に紹介した静山社から、シリーズ累計2,500万部を超えるドラゴンファンタジー巨編がリニューアル復刊されます。それがこの7月12日発売になったクリストファー・パオリーニ著の『エラゴン』(静山社)です。本格ファンタジー全4部作の第一弾で、すでに世界36ヶ国で出版されており、アメリカではついに待望の最終巻が初版250万部という空前の規模で今秋に刊行予定です。

***
 物語の中心となるのは、ドラゴンと心を交わすことのできる「ドラゴンライダー」。強靭な体と魔法を受け継いだ誇り高き剣士の種族です。
ドラゴンライダーたちはその力により、怪物アーガルや闇の生物たちの邪悪な勢力を退け、アラゲイジアで繁栄を極めていました。しかし、「13人の裏切り者」によって侵略を受け、ドラゴンもろとも滅ぼされ――それは伝説となったのでした。
 ごく平凡な少年エラゴンは、森で青く輝く不思議な石を見つけます。石を手にした瞬間、彼の運命は「伝説」と繋がり、大きく動きだします。世界にたった3つだけ残されたドラゴンの卵。そこから目覚めた一頭である若竜のサフィラとともに、エラゴンは平穏な日常からとおく離れ、邪悪な帝国の勢力との戦いに巻き込まれていきます――!

***
 『エラゴン』で本格ドラゴンファンタジーの世界をたっぷり堪能できること間違いなし。『ハリー・ポッター』シリーズ同様に、ファンタジー好きな読者を魅了してやまないでしょう。




『超人気ドラゴンファンタジー『エラゴン』がハリー・ポッターの出版社から復刊!』
 著者:
 出版社:静山社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『気になる男性をメロメロにする"女豹"的ドライブ術とは?』(2011年7月10日08:00)
『"リア充女子"と"昆虫系男子"が殺人事件を計画?  直木賞候補作品『オーダーメイド殺人クラブ』』(2011年7月9日13:22)
『激辛だけどうまい!ハバネロの魅力に迫る「とうがらしnight」〜『「旬」がまるごと』』(2011年7月8日11:52)


■配信元
WEB本の雑誌