気持ちが乗った時の強さは定評のあるティト・オーティズ。ライアン・ベイダーに勝った直後ということもあり、バイオリズムは絶好調か

写真拡大

Tito8月6日(土・現地時間)にペンシルバニア州フィラデルフィアのウェルズファーゴ・センターで行われるUFC133のメインが、ラシャド・エヴァンズ×ティト・オーティズに決定したと、13日(水・同)にUFCオフィシャル・ホームページで発表があった。

もともとはUFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズの初防衛戦が行われる予定だった同大会。挑戦者がエヴァンズだったが、ジョーンズの拳の負傷で元同門対決は流れ、フィル・デイビスと対戦することになっていた。それがデイビスも負傷が発覚し、ズッファはリョート・マチダとティトに急遽オファーを出し、ティトが応えたことになった。

2日(土・同)のUFC132におけるライアン・ベイダー戦では、負ければ引退とダナから勧告を受けていたティトは、1分56秒ギロチンで勝利。その勢いを駆って、07年7月に引き分けているラシャド戦に挑むことになった。

前回の対戦では、ケージを掴みペナルティを与えられたことで、スコアがタイとなったティト。勝てば一気にタイトル戦線のトップに浮上することになるが、この判断が吉と出るか、凶と出るか。ある意味、好カードが並ぶ同大会のメインに相応しい一戦になったといえる。